【高校生の就職】一人暮らしは家賃が心配!寮・社宅完備の求人

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/10/10

「社会人になったら、一人暮らしをしたい!」と思う一方で、毎月の支出で一番大きくなりがちな家賃はどれくらいかかるのか気になりませんか?物件を借りた以上、支払う必要がある家賃は、無理のない生活を送るためにも事前に支出の想定が必要です。

寮や社宅が完備された会社であれば、負担になりがちな家賃を軽く済ませることができます。JOBドラフトに掲載中の「寮・社宅あり」の求人を紹介します。

 

一人暮らしの家賃相場はどれくらい?

そもそも、新社会人の一人暮らしの家賃相場は知っていますか?

大都市や交通の便が良い駅近くの物件では、家賃は高くなる傾向がありますが、目安としてワンルームや1Kでおおよそ5万5千円前後が相場です。
賃貸物件に住むと毎月住居費として給与の手取りから5万5千円ほど支払いに当てることになります。

ただし、気をつけておきたいのは、毎月の支払いに無理がない金額の家賃であることです。「今月は家賃が支払えません」ということは出来ないため、家賃と管理費や共益費を含めた金額は、手取り月収の3割程度に抑えることをおすすめします。

 

初期費用も用意が必要!敷金礼金が必要な物件が多い

賃貸物件の場合は、毎月の家賃だけではなく初期費用がかかります。初期費用の内訳は、敷金や礼金、日割り家賃などです。

余裕をもって考えると、家賃6か月分(敷金2ヶ月分、礼金2か月分で考えた場合)くらいは必要といわれていますが、礼金が0円の物件もありますので初期費用は物件によって抑えることは可能です。

新生活が始まる前の1~3月頃は、物件を探す人が多いこともあり初期費用が高めになる傾向がありますし、条件が良い物件は契約が決まっていきます。
また、物件の初期費用だけでなく、引越し業者を利用する場合は引越し費用は必要です。

 

寮・社宅だとどれくらい?

寮や社宅がある場合、会社によって異なりますが、5千円から4万円ほどの住居費となり、賃貸で借りるよりも安く済ませることが可能です。
会社によっては条件等が定められている場合があります。住居費を抑えたいと考えている場合は求人票の「労働条件」内の「宿舎費」や補足事項欄を確認してみましょう。

また、寮や社宅だけでなく、家賃補助がある求人や会社が借り入れた物件に入居することが可能な求人もあります。
補足事項欄を確認し、不明な場合は先生を通じて企業に確認してみましょう。

 

JOBドラフトの「寮・社宅あり」の求人

JOBドラフト内に掲載中の「寮・社宅あり」の求人の紹介です。

気になる求人は求人票をダウンロードすると内容を確認できます。

 

維新號グループ  2万円
新日本住設EAST株式会社  2万円
株式会社ファームマネージメント
株式会社カミタケモータース  2万8千円
株式会社エス・ビー・エス  4万円
株式会社平山  3万5千円
株式会社アクロス  3万円
株式会社ヴイ・ディー・エフ・サンロイヤル  6千円
株式会社兵衛旅館(サービス職)  5千円
サンライズ・エンジニアリング株式会社  1万1千円
株式会社東京一番フーズ  3万5千円
株式会社クレアコーポレイション  2万円
アリレイナ美容室(有限会社ビューティショップアザミ)  30,520円
有限会社ケイ・ビー・エス  3万円
株式会社ICE  3万円
株式会社カタヤマ   1万円
東京ガスSTコミュネット株式会社  2万円
共英産業株式会社 関東支社  1万2千円
二幸建設株式会社  2万8千円
チムニー株式会社
旭シンクロテック株式会社
株式会社フジランド  5千円
株式会社コバ建設  3万円
有限会社須藤工業

 


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。