【高校生の就職】美容師免許を働きながら通信で取得する方法

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/10/13

美容師に憧れがありながらも専門学校の費用が高く、学費面で美容師になることを諦めてはいませんか?
専門学校を卒業することだけが美容師になれる道ではありません。

働きながら収入を得て、通信制の美容学校に通い、美容師の国家資格を目指せすことが出来ます。

決して楽な道ではないかもしれませんが、学費で諦めかけていた将来の夢を働きながら目指す道はあります。働きながら美容師の資格を目指す求人をご紹介します。

 

美容師にはやはり資格が必要?

美容師は無免許でお客様の髪の毛のカットやカラー、パーマなど施術はできません。
専門学校などの美容師養成施設を卒業して国家試験に合格することで美容師免許を取得することができ、免許を取得して初めて施術できるようになります。

免許がまだないうちは施術はできませんが、カラー剤などの準備やスタイリストのヘルプなど、施術以外の現場の仕事はいち早く身につけることができます。また、実際にお客様と触れ合う機会があるため、接客のスキルを磨くことも可能です。

 

働きながら資格取得ってどうするの?

働きながら美容師を目指す場合は、美容学校の「通信課程」に通うという手段があります。「
通信課程」の学校は、3年間、教材をもとに国家資格取得に向けた学習を進め、年に数回行われる「面接授業」を受けます。通信で授業を受けるため、通学が必要な課程より学費が安いというメリットがあります。

一方で美容師国家試験に合格するには、仕事や技術を磨く練習のかたわら、自分自身で学習を進める自主性が必要になります。
夜や休日も技術の練習があるので慣れるまでは大変かもしれませんが、大変な分、免許取得後はいち早くスタイリストデビューが目指せるかもしれません。

 

働きながら学ぶことのメリットは?

専門学校に通学すると2年で300万円前後ほどの学費が必要になります。学費だけでなく、生活費も必要です。
奨学金を借りた場合は、卒業後から毎月一定額を返済することになり、奨学金の返済までに10数年かかります。

一方、働きながら通信制に通学することで、学費の負担が少なくなりますし、お給料として収入を得ることもできます。費用だけでなく、現場で働くことで通学だけでは学ぶことはできない「接客」が学べることは大きなメリットです。
また、技術練習で上手く行かないことや分からないことは、先輩からアドバイスをもらえたり、先輩の働く姿を目の前で見ることで技術を学ぶことができます。

 

働きながら美容師免許取得を目指せる求人の紹介

美容師を目指す高校生を応援するJOBドラフトの求人を紹介します!

 

株式会社HUG
入社後HUGアカデミーやサロンワークに必要な知識・技術の習得が可能

株式会社エムエイチ
美容学校の入学金,教材費、学費の貸与制度あり

クリック&ディックス(有限会社IBRO)
当社設立のアカデミーで独自カリキュラムの講習とトレーニング施設を提供

神奈川ビューティサロングループ
神奈川で唯一の普通課程を備えた職業訓練校を運営し、短期の技術習得が可能!

アリレイナ美容室(有限会社ビューティショップアザミ)
講習やトレーニングあり

有限会社アンテナコーポレーション
通信制学校で美容師の資格取得に向けて学びながら接客可能

株式会社夢人
通信制学校で美容師の資格取得に向けて学びながら接客可能


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。