【高校生の就活】筆記試験が苦手・・・面接試験のみの求人!

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/10/30

「高校卒業後の進路は就職!」と決めていても、一般常識問題や作文、5科目の学科試験などの筆記試験に自信がなく、就職活動に集中できずに悩んでいませんか?
選考内容が面接試験のみの企業は、多くの場合、人物重視で選考しています。

JOBドラフトにも、選考試験に筆記試験がない『面接のみ』の求人が多く掲載されています。筆記試験に自信がない人も、最後まで諦めずに就職活動を頑張りましょう。

 

「面接のみ」の企業が面接で見ているポイントは?

面接では、質問内容以上に気持ちの良いあいさつができるかどうかが特に重要です。

面接官は、直接会うことでしかわからない声のトーンや表情から、どのような人なのかを感じ取り、人柄を見ています。みなさんも初対面の人と会ったときに「この人はどんな人なのだろう?」と、無意識のうちに声のトーンや表情からその人の人柄を感じ取っているはずです。
面接官である採用担当者も同じです。

また、「チャレンジ精神があるかどうか」が重視されます。
高校生は初めての就職になりますので、これまでの仕事上の経験が重視されることはありません。入社後、前向きに学びチャレンジしてくれる人か、それによって一緒に成長し、将来活躍してくれそうな人かということを面接官は見ています。

 

選考で伝えるべきこととは?

志望動機を聞かれたら、その会社への入社意欲を伝えるチャンスです。
自分の気持ちが伝わらず、「とにかく就職できたらそれでいい」というように思われてしまうと、どんな会社であっても受かりません。

具体的にどんなところに魅力を感じたのかや、入社後の活躍イメージを踏まえてしっかりと自分の言葉で会社に対する思いや入社意欲を伝えましょう。

また、面接は緊張して当然です。緊張しても、表情や態度、発言内容から自信のなさが感じられないように心がけましょう。当日の緊張度を下げるためにも、選考後に「ああしておけば良かった」と悔いを残さないようやりきるためにも、練習はしっかりと行っておきましょう。

 

面接を通過するポイントは?

その会社の事業内容や商品などを、高校生のための就職求人サイト『JOBドラフト』や会社のホームページなどを見て研究し、何か1つは質問を用意することです。質問があるということは「会社に興味がある」もしくは「会社についてよく調べてきている」と面接官は受け取ります。

人と話しているときに、相手が自分に対して興味を持ってくれていると嬉しいものですし、会話も弾みますよね?面接も同じで、誇りを持って働いている自分の会社について興味を持ってもらえると面接官は嬉しいもので、面接もスムーズに進むのです。

さらに、面接は前向きな姿勢が評価されやすいため、笑顔とハキハキとした受け答えを心がけて発言すると、面接を通過する可能性が高まるでしょう。

 

「面接のみ」の求人を紹介

JOBドラフトに掲載中の選考が「面接試験のみ」の求人の紹介です。気になる求人は求人票をダウンロードすると内容を確認できます。

株式会社津田屋
株式会社エースタイル
株式会社ハックスター
株式会社ナショナルトータルビバレッジ
株式会社マツヤ
株式会社タモツ自動車
株式会社エースタイル
株式会社ムラヤマ
株式会社リブート
株式会社晃成技研
株式会社御国製作所
維新號グループ
株式会社生駒
株式会社春興業
株式会社マツヤ
株式会社新日本セキュリティ
株式会社BOHEME(TOP’S HAIR)
有限会社フォルテエンジニアリング
社会福祉法人帝塚山福祉会
村上塗装工業株式会社
株式会社ダイテック
永友精作所
株式会社RAJA
永晃産業株式会社
株式会社ダイコー製作所
株式会社セイケンテック
株式会社サンレディース


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。