社会人と学生の違いって何?3つの大きな違いとは

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/11/1

高校生の立場から考えてみると、漠然と「社会人は学生よりも厳しい」というイメージを持ってる人は少なくないでしょう。
社会人になると、学生の時に許されていたことが許されなくなることや、周囲の見る目、周囲から求められることなども変わってきます。

学生と社会人では何がどう具体的に違うのでしょうか。意識の違いを事前に知っておきましょう。

 

給料をもらう責任

社会人になると、仕事をすることによって毎月給料をもらいます。この給料は自分が1ヶ月働いた仕事の対価です。
高校生のときには、頑張った勉強の成果がテストの点数や学期ごとの成績で評価されてきましたが、社会人になるとこれが給料の額に変わります。

自分が身につけた技術や知識などによって会社に貢献した分だけ給料で評価され、給料の分だけ責任も増えることになります。社会人になると、給料をもらう「責任」が発生するのです。それが、学生との大きな違いの一つです。

 

時間に対する責任

次に、時間に対する責任も学生と社会人では大きく変わってきます。友達同士の待ち合わせに少し遅れるのと、取引先との約束に遅れるのでは、責任の重さが全く違います。

友達同士の約束の時間に遅れても、少々の遅刻であれば「ごめんなさい」と謝れば許されるかもしれませんが、会社のお客様を待たせるとか、お客様との約束を守れないようなことがあれば、自分の問題だけではなく、会社の信用問題に発展するような事態になります。

取引先との約束は、時間に遅れることなく期限通りに完璧なものを提供することが当たり前なのです。

 

様々な年代や職業の人と関わる人間関係

学生の頃は、同じクラスの友達や同世代の部活の仲間など、年の近い人たちと関わることがほとんどですが、社会人になると上司や先輩、取引先のお客様など、接する年齢層は様々です。

そして、社会人は自分の気の合う人とばかり接することは出来なくなります。

どの年代の人ともどんなタイプの人とも接することができるように、人とのコミュニケーションに慣れていくことも、働く上では大切なことになってきます。コミュニケーション能力を高める努力をしていきましょう。

 

社会人になると信頼と責任は自分の行動次第

社会人は、自分の行動や態度で周りの評価が変わります。責任のある仕事を任せられる人なのか、信用できる人なのかは、その人の身なりや姿勢、言葉使いや表情などで判断されます。

当たり前のことが当たり前にできる人は、良い社会人として評価されやすくなります。
まずは、身だしなみを整えること、挨拶を元気よくすること、返事をすることなど、難しいことではなく当たり前のことを手を抜かずにしっかりやれば、第一関門突破です。

まずは、当たり前のことから始めて、できることを増やしていくことができれば、信頼される良い社会人になれるでしょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。