最終面接対策をしよう!内定へ繋がるように準備しておくこと

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/11/8

企業によって筆記試験の有無やその内容はまちまちですが、必ずどの会社でも1回もしくは2回の面接を経て合否が決まります。

最終面接は、採用するか否かを特に慎重に判断する選考になるので突破するのは簡単ではありません。
最終面接の前には、小手先の対策ではなく、あなたの思いをきちんと整理して面接官に伝えられるように準備しておくことが大切です。

 

最終面接では何を確認される?

最終面接は意思確認の場でもあります。面接官が確認したいのは、「本当に入社したいと思っているのか」「内定が出たら必ず入社してくれるのか」という意思です。

多くの場合、最終面接では採用の決定権を持つ最高責任者が面接官になります。ここで、どうしても入社したいという思いを面接官が納得できるように伝えることが大切です。

さらに、あなたがきちんと勉強してきているかを確認するために、会社について聞かれることもあります。入社したい会社のことは興味を持ってある程度調べておくことが大切です。
質問に対して、自分の意志をきちんと伝えられるように、今一度確認してから最終面接に臨みましょう。

 

仕事をする覚悟があるかどうか

最終面接では、正社員としてきちんとやっていけるのかを見られています。アルバイト経験が豊富だったとしても、アルバイトと正社員では、背負う責任が変わってきます。

正社員として働く覚悟がない人を企業は求めていません。最終面接では、その企業で腰を据えて働いていく気があるのかという、あなたの仕事に対する覚悟も確認されているのです。

社会人とアルバイトの違いをしっかり理解して、社会人になる覚悟を見せられるように準備して、面接に臨みましょう。

 

自分の将来や志望する会社に対する熱意はより確認される

最終面接では、あなたがきちんと自分の将来について考えているのか、それはどんな内容なのかを問われます。またどのくらいの熱意を持って志望しているのかも見られています。

「とりあえず内定が欲しい」という軽い気持ちや「なんとなく良さそう」という浅い考えは見抜かれてしまいます。

その場しのぎの軽い考えではなく、将来どのように働きたいのか、どうしてその会社に入りたいのかなど、「なぜ?」と自分に何度も問いかけて、明確な答えを見つけてから最終面接に臨みましょう。

面接官に自分の想いを熱く語れるように準備しておくことが大切です。

 

採用するからには長く勤めてほしいと思っている

最終面接では、厳しいことを聞かれる場合もあります。
ただ、面接官はあなたを落とそうと思って面接をしているわけではありませんので、それを忘れずに、途中で心折れることなく最後までしっかり受け答えをしましょう。

採用担当者は、せっかく同じ会社で仕事をする仲間として迎え入れるのなら、長く勤めてほしいと考えています。

最終面接は、共に成長しながら長く働いてけるのかを確認し合う場でもあるのです。面接官は、先を見据えて選考しています。内定はゴールではないことを頭に入れて最終面接に臨みましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。