【高校生の就職】目的がない就職は危険!どんなリスクがある?

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/12/1

内定先が決まっていない高校生は、「就職先を早く決めたい!」と頭が一杯になっている人が多いのではないでしょうか?
焦ってしまうと、「内定を得ること」が目的になってしまいがちです。しかし、就職活動は内定がゴールではなく、入社後からが本当のスタートです。
今回は、内定先を早く決めたい気持ちが先行して、就職後の仕事に対する本当の目的を忘れてしまうリスクについてお伝えします。

 

働く目的がないとどうなる?

社会人になると、高校生活とは全く異なる環境になります。
就職後は、仕事をすることで給料をもらう立場になるため、一人前の社会人としての責任が求められるようになります。給料を得ることは、「その仕事のプロ」になることであり、決して楽しいことばかりではありません。

もし、仕事に対する目的を持たずに就職してしまった場合、「自分の思い描いていた姿と違う」いう思いが強くなり、仕事を続けることが困難になることがあります。
仕事が辛くなると、せっかく内定を貰って、入社した会社を辞めてしまうリスクが出てきてしまいます。

 

働く目的ってどう持つの?

「働く目的」と聞くとなにやら難しく考えてしまいますが、働く目的は人それぞれ違うものです。

例えば、「小さいころからインターネットが大好き」であっても就職する職種は別々であるということはあります。
「社会人になったらプログラミングの技術を身につけて、新しいサービスを開発したい」という目的がある高校生もいるでしょう。IT関連会社の営業に就職し、「自社の素晴らしいサービスを世の中に広めたい」と人と関わる仕事に就く高校生もいるでしょう。

就職活動で重要なのは、「仕事を通じて実現したい姿」や、「やりがいをもって働ける仕事」に対して自分なりの目的をもつことなのです。

 

目的が見つからないときはどうしたらいい?

では、自分がやりがいを感じる仕事の目的はどうやって見つければいいのでしょうか?
高校生が普段の高校生活で送っている限られた情報だけでは、自分が働く目的を見つけることは難しいかもしれません。

インターネットを使って社会人の働きかたをチェックしたり、世の中にある仕事内容を調査したりすることから始めてみましょう。実際に自分の両親や親戚に仕事について質問してみるのも、仕事の経験を直接聞くことができる貴重な機会になります。

できるだけ多くの情報を集めて、働くイメージを持つことで、“社会人像”が広がります。
「自分がやりたい仕事」「興味がある仕事」が分かってくると、社会人になったときの自分の働く目的を見つけることができるようになるでしょう。自分から情報を取りにいくことが大切です。

 

就職すると一日のほとんどが仕事をする時間になる

社会人になると、1日24時間ある中で、毎日8時間以上の時間を自分が選んだ仕事に使うことになります。多くの時間を目的も持たずに過ごすことは、非常に辛いですし、もったいないことです。
入社後に後悔しないためにも、就職活動の期間は、「自分が仕事をする目的」をはっきりとさせましょう。

仕事に対するやりがいや夢は、人それぞれ違います。自分で情報収集をしっかりと行い、自分が納得できるまで仕事をする目的を考えてみましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。