ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就活ー働きながら学べる会社ってないの?

ドラフトカフェ編集部 2018.01.26

社会人になると将来のキャリアアップを考えて、自分の知識を深めるためにも資格の取得を目指すことは、自分の活躍の場を広げるには必要なことです。
また、仕事の業務上必要な資格であれば取得しなければいけないこともあります。

「進学したかった」「資格が欲しかった」という方は、働きながら学べる会社を探してみてはいかがでしょうか?

 

「手に職をつけたい!」資格の取得は就職後も出来る

専門学校や大学に進学できないと、資格が取れないと思っていませんか?
そんなことはありません。
就職後に取得が出来る免許や資格はありますし、専門学校や大学に進学しなくても取得できる資格はあります。

JOBドラフトに掲載中の求人を例に挙げると、美容室でアシスタントとして働きながら通信教育で美容師免許を取れる会社もあります。
また、もう一つ例に挙げると、車の整備関連の求人で、就職後に実際の車を見ながら先輩から直接教えてもらいつつ、整備士の資格を取得することが可能な会社もあります。
会社が資格取得のための費用を負担してくれることもありますよ。

 

働きながら学ぶ大変さは?

「高校の勉強だけでも大変なのに、仕事と勉強の両立できるの…?」と不安な方もいるでしょう。
もちろん仕事と勉強の両立は、簡単にはできることではありません。
就業時間内は仕事が立て込むこともあるため、自宅で勉強する時間も必要です。

仕事に慣れながら、さらに資格の勉強をするということは体力的にも精神的にも大変です。
しかし、コツコツと勉強を始めることで、同じ年齢の大学生が新卒として社会人になる頃には、技術も身についた先輩として活躍することができるでしょう。

 

ちなみに、アルバイトでお金を稼いでから進学するときのデメリットは?

卒業後にアルバイトをして学費を貯めてから、大学や専門学校に行こうと考えている高校生もいるかもしれません。
その意欲はとても素敵なものです。

しかし、アルバイトをしている間に進学への意欲が薄れてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。
いつまでに大学進学のための費用を貯金する計画や、進学のための勉強をする覚悟を持たなければ、フリーターになって働き続ける事になってしまいます。
その結果、正社員として働くことが難しくなる人もいます。

高校新卒というチャンスを最大限活かすためにも、正社員として働きつつ、学費を貯めることや資格を取得することなどといった選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

 

働きながら学ぶには覚悟は必要!

仕事と資格の勉強を両立するには、中途半端な気持ちでは難しいかもしれません。
しかし、相談したら教えてくれる先輩や上司もいますし、資格に直結する業務であれば、実際に現場で仕事をしながら学ぶこともできるでしょう。
会社によっては、資格取得のための費用を負担して支援してくれる会社もあります。

働きながら資格を取得するためには、勉強をし続ける覚悟は必要ですが、社会人として実践的に学ぶことが出来るという大きなメリットがあります。
まずは、自分がなりたい将来の姿を明確にしてみましょう。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]