ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就活ー高収入の求人にはどのような仕事がある?

ドラフトカフェ編集部 2017.12.18

高校生の就職活動で求人を選ぶときに気になるのが「給料」ですよね。
求人によって給料は全く違いますが、その差は何でしょうか?
また高収入の求人はどんな仕事があるのでしょうか?

大人に聞いても「給料の高い求人はブラック企業だ」なんて答えが返ってくることもあります。
実際のところ給料は高い方が嬉しいというのがみんなの本音。
高収入の求人にはどんなものがあるのか、調べてみましょう。

 

高卒求人の給与の平均は?

まずは、高卒求人の平均給与を調べてみました。
厚生労働省の東京労働局が発表した平成29年3月卒業生の初任給平均は17万200円でした。
これは都内のハローワークに提出された求人票の平均です。

産業別で見ると、最高値が建設業の18万円、最低値が教育・学習支援業の16万円です。
会社の規模(従業員の数)で見ると、最高値は従業員29人以下の17万2300円、最低値が1,000人以上の16万7000円です。
東京の例なので、地域によって差がありますが、この金額を超えた求人は高いと判断していいでしょう。

引用:http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/jirei_toukei/_121239/_122820.html

 

高収入の求人はこんなところを確認しよう

高収入の求人には理由があります。
例えば、資格が必要とされる仕事、機械などで変わることができないとされる仕事、肉体的・精神的負担が大きいとされる仕事などがあります。

また、入社当初から高収入な求人や、入社後にどんどん高収入になっていく求人などの特徴があります。
入社時の給料だけでなく、将来的にどの程度稼げるようになるかを企業の人に確認しましょう。
インターネットで「〇〇職 生涯年収」などで検索してみるのもいいですが、あくまで参考にしましょう。

 

目的をしっかり定めよう!

1日24時間のうち、約8時間を仕事で過ごします。
では、給料が高いという理由で就職先を選択するのも良いですが、お金の理由だけで1日の3分の1もの時間を過ごせますか?

就職先をしるきっかけが「高収入」で、その会社に興味を持ったら積極的に調べてみましょう。
その仕事に就いたら将来どうなれるのか、毎日仕事の8時間をどう過ごしたいのか自分自身で明確にしておきましょう。
就職試験で高収入以外の理由を言えると良いアピールになるでしょう!

 

どんな仕事が高収入になる?

JOBドラフトに掲載中の「高収入」の求人を紹介します。
会社の規模はあまり関係なく、「自社での教育環境を整えています」という企業も多くみられます。
様々な企業の求人票を見てみ検討してみましょう。

株式会社武州鳶
株式会社トビシマ
株式会社セントメディア(セールスアシスト事業部)
株式会社日本シーマート
株式会社ファイズホールディングス
エースシステム株式会社
株式会社エス・ビー・エス
株式会社オンズホールディングス
株式会社金太郎ホーム
有限会社須藤工業
株式会社 G-system.Pro
株式会社シュン
株式会社光コーポレーション
株式会社プランニングワーク
テレマート株式会社
株式会社スリーエイト
株式会社五風
株式会社喜代村 喜代村塾(すし職人養成機関)
有限会社宮本組
読売センター富士栄
株式会社アスカ紙工
株式会社カミタケモータース

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]