ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就活ー就職後に後悔したくない!就職先の探し方・選び方

ドラフトカフェ編集部 2018.01.19

就業経験がない高校生にとって、就職活動は初めての経験です。
会社で働くイメージが湧きにくいため、就職先の選び方もわからないことばかりです。
就職してから後悔してしまったら、せっかくがんばって勝ち取った内定でも、就職活動をがんばった意味が薄れてしまいます。

就職後に後悔しないためには、就職活動中にできるだけ多くの情報を集めて、可能であれば職場見学をしてみるのもいいかも知れません。就職後に納得して社会人のスタートを切るために、就職活動で大切なポイントを紹介していきます。

 

就職後、後悔するのはどんな選択なのか

後悔する一番の理由は、自分が理想とする働きかたができない職場に就職してしまった場合です。
例えば、仕事をバリバリこなして成長していきたいのに少ない仕事量だったり、仕事とプライベートを両立したいと考えていたが、実は残業が多い職場だったり。
自分の理想とかけ離れた職場を選択してしまうと就職後に後悔してしまいます。

就職してから後悔しない職場を選択するには、自分の理想を明確にして、就職先の条件や環境をバランスよく見ることが重要です。
憧れや条件面だけで就職先を決めてしまうと、自分の理想からかけ離れた職場を選択してしまう可能性がでてきてしまいます。

 

労働条件はすみずみまでチェックしよう!

就職先を選ぶときは、会社や職種以外に労働条件もすみずみまでチェックすることが大切です。
社会人になると、親元を離れて一人暮らしをする場合もでてきます。
一人暮らしでも生活面で困らないように、賃金は事前に計算した金額で生活できるか確認する必要があります。

そして、休日は週休2日でしっかり休むことができるかどうかも、心身の健康を保つために重要なポイントになります。
就職したら毎日勤務することになりますので、就職先の労働条件は納得できるまでしっかりと確認しましょう。

 

補足事項・特記事項、離職状況も重要な情報が掲載されている

求人票には就業時間や賃金といった部分ばかりを見てしまいがちですが、補足事項や特記事項もとても重要です。
会社をやめた人の割合や福利厚生などの情報が記載されています。
けがや病気にそなえる健康保険や老後を支える厚生年金などの福利厚生や、就職後の仕事内容も求人票には記載されているため、流し読みをせずに最後までしっかりと目を通すようにしましょう。

選択する就職先はこれから長く働く職場になります。
働く条件の確認も大切ですが、求人票に記載されている直近3年間の離職状況も調べておくと、社員の定着度がわかるようになります。
就職してから後悔しないためにも求人票は納得するまで見直して、疑問があれば先生に質問してわからない点を残さないようにしましょう。

 

仕事の情報は読むだけだとイメージしづらい

求人票には採用後の職種や仕事内容が記載されていますが、職種によっては読んだだけではイメージがわかないこともあります。
読んでも理解しにくい場合は実際自分が働いているイメージがしづらいので、実際の職場を見学させてもらって、働いている社員を自分の目でみることをオススメします。

自分の目で職場を確かめて雰囲気を体感すれば、就職後のイメージがしやすくなります。
入社してから自分のイメージと違うことがないように、毎日働く職場や仕事内容はしっかりと確認しましょう。

 

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]