やりたい仕事や夢を実現させるための3つのポイント

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/12/4

高校を卒業するとやりたいこと、叶えたいことがたくさんあると思います。自分で一生懸命考えた自分の将来を、周りから応援してもらえたらどんなつらいことがあっても頑張れると思いませんか?
実際、自分のやりたい仕事が相談した相手に反対されてしまってあきらめてしまう事はないですか?人生一度きりなので思いっきりチャレンジしたいですよね?!
そんなあなたに夢をかなえるポイントを3つお伝えします。

 

その1.周りを味方につけて応援してもらおう!

お友達でも、先生でも家族でも誰でもいいです。自分の考えを伝えてみましょう!
まず、紙とペンを用意します。(スマホでもOK)そこに自分のやりたい事や叶えたいものを1つ書き出してみましょう。次になぜそれが自分のやりたい事なのか、自分の考えを書いてみます。言葉にできなかった思いがすらすらと出てくるかもしれません。そして一度読み返してみます。すると、自分が本当に伝えたいこが何か気づく事が出来ます。
「やりたい事」と「本当に伝えたい理由」を相手に伝えてみましょう。相手にわかり易く伝える事は、理解してもらいやすいことでもあります。緊張してしまう場合にも有効かもしれません!

 

その2.夢はこの手でつかみ取る!

おまじないみたいですが、実は一番大事なことでもあります。
自分がなりたい職業に対して、周りの人からするともしかしたらその職業は偏見のある職業かもしれませんし、反対されてしまう事もあります。それでもあきらめられない!という場合は、自分がその仕事をしているところを想像してみましょう。想像の中のあなたはキラキラした笑顔ですか?そうであれば自分はこの仕事をするんだ!と強く信じてみましょう。
強く信じていれば、そんなあなたをサポートしたりアドバイスをくれる人や協力してくれる人がきっと現れます。

 

その3.親にアプローチ!味方にしよう!

やりたい仕事はあるけど、お母さんに反対されてしまった。という話をよくききます。
あなたのお母さんや、お父さんが反対するのには、きっと何か理由があります。社会の厳しさを知っているからこその反対です。そして何よりあなたの事が心配なのです。
ですが、自分で選んだ仕事に本当につきたいのであれば、なぜそう思ったのか、その理由を伝えてみましょう。そして家族が反対する理由も聞いてみて、納得できない理由であれば納得するまで話し合ってみましょう。
あなたが相談する相手はあなたの未来を応援してくれる頼もしい仲間になります。

 

今も大事だけど未来はもっと大事!

進路指導の先生もあなたのキラキラした未来のために惜しみなく協力してくれますし、自分の考えをきちんと伝え、その情熱が伝われば家族も応援してくれます。これから先の長い人生を生きていくのはほかの誰でもないあなたです。
実際、ある高校生が家族に反対されていたけど、家族会議をして希望するyoutuberの求人に応募できた例もあります。
今はまだ働いた経験がないので、卒業後の社会のことは分からない事が沢山あるのは当たり前だと思って、自分の楽しい人生のために決断力を持ってみましょう!きっと楽しくて面白いステキな未来があなたを待っていますよ!


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。