ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就活ー緊張で頭真っ白!面接を乗り切るコツとは?

ドラフトカフェ編集部 2018.01.31

就職活動において、面接は志望している会社に入社するためには避けて通れません。
普段の生活と雰囲気が異なるので、誰でも必ず緊張してしまうものです。
面接の日が近づくほど、緊張はほぐれずに増加する一方になってしまいます。

事前に面接で緊張してしまう理由を知ることで、多少は対策をとることができます。
今回は、ド緊張の就職の面接を乗り切るポイントを紹介します。

 

なぜ、緊張するのか?緊張する理由を知っておこう

就職活動は、「失敗したくない」というプレッシャーがあり、誰もが緊張します。

就職の面接は、「入社したい」「失敗できない」というプレッシャーがある中で、普段は意識することがないビジネスマナーに気をつけなければいけません。
また、使い慣れない敬語を使って自分の考えを伝えていく必要があります。
慣れないことが続きの高校生にとっては、どうしても緊張度は高くなってしまいます。

志望動機や自分の考えを面接の場で伝えるために、事前に学校でしっかりと対策をとりましょう。

 

慣れない雰囲気と準備不足で緊張度は増す!

それでは、面接はどのように乗り切ればよいのでしょうか?
面接官はいろいろな見解で質問をしてきます。
事前に想定しておいた質問が来て、回答ができることは少ないです。

考えた回答を丸暗記しておくのではなく、どのような質問にも回答できるように、事前にしっかりと自分の考えをまとめておきましょう。
面接が終わって「自分の考えや思いを伝えられなかった」と後悔が残らないといいですね。

面接での受け答えの練習をしておくことで、自分の考えがまとまりやすいです。
先生と一緒に、試験準備と面接の対策を繰り返し行うことが大切です。
面接の当日は「あれだけ練習した」と自信を持てますし、面接でも力を出し切ることができるようにもなります。

 

緊張したら面接官は不合格にするのか?

面接官は高校生の皆さんが面接で緊張することは知っています。「緊張しているから」という理由だけで不合格になることはありません。
大切なことは、緊張している状態でも面接官の質問に対して、自分の考えをきちんと伝えられることです。

準備不足は当日の行動や発言から出てしまいます。
早口になってしまったり、笑顔を忘れて暗い表情のままだったりすると面接官の印象は悪くなってしまい、準備不足の学生をすぐに見抜いてしまいます。
緊張している状態でもできるだけ自分の考えが伝えられるように、事前準備を怠らずに繰り返し面接練習を行いましょう。

 

準備不足は緊張度と不調の可能性を高める!

慣れない雰囲気の中で面接官を前にすると緊張するのは当然ですが、準備不足も緊張する理由になります。
準備不足は自分をどんどん不安な方向にもっていってしまうのです。
面倒だと思わずに、事前の準備と練習を行いましょう。

面接を乗り越えれば、自分が想い描く将来のスタートに立てます。
最後まで気を抜かずに、面接に臨む準備をして、内定を勝ち取りましょう。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]