ドラフトカフェ
仕事 / 就職

就職までにしておくといいことは? 社会人1年目が悩む電話対応

ドラフトカフェ編集部 2018.03.15

電話対応は社会人になると、どの職場でも必ず必要になります。
社内だけではなく、電話はお客様など会社の外から掛かってくることもあります。

社会人としての電話対応は、高校生の皆さんが普段電話している内容と異なり、仕事にふさわしい電話対応のマナーを意識する必要があります。
電話対応のマナーは入社後に教えてもらえますが、事前に知っておくことで、社会人デビューをスムーズに切ることができるはずです。

 

電話対応はどのようなマナーが求められる?

会社の外部から掛かってくる電話対応は、外部と会社を結ぶとても大切なポイントです。
外部の人にとっては、電話対応する人がその会社の入り口になるため、電話対応の内容次第では会社全体にマイナスの印象を与えてしまうこともあります。
電話対応の基本的なマナーとして、ハキハキとした敬語で相手の要件を的確に理解し、その要件を社内の関係部署へ間違えずに伝えることが大切です。

他にも、会社や部署によって多少異なりますが、電話が鳴ってすぐに出たり、お客様が探している相手が不在の時の対応など、電話応対には数多くのルールがあります。

 

電話対応に苦手意識がある人が多い

社会人になると欠かすことのできない電話対応ですが、実は新入社員の中には電話応対が嫌になり、苦手意識をもってしまう人も多くいます。
基本的に電話を取るまで、相手や内容がわかりません。
その為、クレームで怒っている人から電話が掛かってくる可能性もあります。

新入社員は仕事を覚えている段階であり、一人で全て対応することができません。
どんな内容か分からない電話対応に対して不安や恐怖を感じてしまい、結果として苦手意識を持ってしまうことに繋がってしまいます。
苦手意識を持たないようにするには、電話対応のマナーをきちんと覚えて、何度も練習して慣れることが大切です。

 

社会人1年目は率先して行動することが求められる

電話対応は仕事の基本とも言うべきもので、社会人1年目に必ずマスターしなければなりません。
一般的に入社してから最初に教えられる仕事が電話対応です。
最初のうちは電話応対も慣れずに緊張しますが、回数をこなすことで徐々に慣れてきてコツをつかむことができます。

初めは誰でも緊張しており、電話が鳴ってもなかなかすぐに出ることができないものです。
電話応対のマナーは入社後に教えてもらえますが、事前にマナーを知って練習しておくと直ぐに実行しやすくなります。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]