ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就職活動ー趣味・特技を活かして活躍できる仕事紹介!

ドラフトカフェ編集部 2018.05.10

高校3年生になると、進路ガイダンスもはじまり将来の仕事を決める大切な時期を迎えます。仕事は生きていくうえでお金を稼ぐこと以外にも、自分の夢を叶える自己実現の手段でもあります。

現在は営業や事務などの昔からある仕事以外にも、ダイエットブームやジム通いがブームになっているので、スポーツや健康などの分野でも新しい職業が出てきています。今回は、高校生活で培った特技や趣味が活かせる仕事について紹介をしていきます。

 

ジムのインストラクターのしごと

ボディメイクという言葉がでてきているくらい、健康な体づくりが注目されている現在は、体を鍛えるジムがブームになっています。

ジムには、インストラクターと呼ばれる健康な体づくりを専門に指導している仕事があります。インストラクターはジムの会員が決めた目標に対して、適切なトレーニングメニューを組んで目標を達成できるよう指導を行い、会員と一緒になって取り組んでいく職業です。

トレーニングに関する知識以外にも、やる気などのメンタル面の知識も要求される職業のため、経験と知識を蓄えることが必須です。将来的には個人で独立したり、有名人の個人トレーナーになる可能性もある職業です。

 

ボディーセラピストやアロマセラピストのしごと

日々の生活に情報があふれている現在は、仕事や私生活のストレスが非常に高くなっています。そのため、ストレスを和らげるための治療を行うボディーセラピストやアロマセラピストといった職業の人気が高まってきています。

ボティーセラピストは、リフレクソロジーと呼ばれる反射学の知識を用いて、人間が本来持つ自然治癒力を高めていきます。アロマセラピストは、色々なアロマオイルを使ってストレスを解消していく職業です。

どちらも国家資格は必要ありませんが、豊富な経験と専門知識が必要となります。民間資格を取得して経験を積んでいけば、将来は独立することもできる有望な職業です。

 

フードコーディネーターのしごと

ストレスと共に注目されているのが食事に関する知識です。食事は私たちの健康に直接関係しており、いつまでも健康でいるためには規則正しい食生活を保つことが必要になってきます。食に対する意識が高まっていく中で、食のスペシャリストとしてフードコーディネーターという職業が注目されています。

フードコーディネーターの仕事は、飲食店のメニューを考えたり経営方法を一緒になって考えていきます。食に関係する知識を全て理解している必要があるため、勉強する分野は非常に広くなります。今後も食に対する要求が高まる現代社会において、フードコーディネーターの職業は益々注目を集めていくことになるでしょう。

 

まとめ

インターネットの普及によって、私たちの生活は多様性のあるものへ変化してきています。そのため、人生を今まで以上に楽しむために、健康は人々の生活に欠かせません。

そんな、健康に関する仕事は、今後より一層注目されていきます。今後は健康に関しても、一人ひとりのライフスタイルにあった提案が必要となってきます。

今回紹介した職業は、私たちの健康を支えるために、重要なポジションに位置している職業といえるでしょう。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]