職場見学でチェックすると良いこと、自分との相性は?

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/6/28

職場見学に行くために準備はしていますか?
ただ会社に行ってみるというように、目的意識を持たずに闇雲に会社へ足を運ぶだけでは意味がありません。
事前に、何のために行くのか、どんなところを確認してくる必要があるかなどのポイントを押さえてから参加しましょう。そうすれば志望を固める手がかりをつかめますよ。

 

相性を確認する意味は?


”社風”とは、会社の雰囲気のことです。学校や部活動にも雰囲気はあると思います。
社風は職場見学に行って確認すべき重要なポイントです。
同じ業界の会社、同じ会社でも職種が違うと雰囲気は変わります。
アットホームなところもあれば、切磋琢磨して競争することをよしとする社風の会社もあります。
社風が自分に合うか合わないかは、働きやすいか、続けやすいかに大きく影響しています。
馴染めない場所、気が休まらない空間で毎日過ごすのは辛いですよね?
社会人歴が長い人でも社風が合わないという理由で転職する人もいるほど、社風は就職先を探す上で重要な判断要素になります。
職場見学で、自分と会社との相性をしっかり確認しましょう。

 

働いている人の表情はイキイキしている?暗くない?

働いている人の態度や表情も、職場見学に行って確認すべき大切なポイントです。
採用担当者や社長が魅力的なことを言っていたとしても、現場で働く人がけだるそうにしていたり、表情が暗くどんよりしている場合には注意が必要です。いつか自分もそうなる可能性が高いとも考えられます。
就職したら、明るい気持ちで毎日働きたいですよね?
職場見学では、イキイキとした表情で働いている人が会社の中にどのくらいいるかしっかり観察してきましょう。
社会人になると一日のほとんどは仕事の時間になります。そのほとんどの時間を過ごす職場が働きやすいかどうかは、現場で働く人の表情や態度で分かるので、しっかりチェックしましょう。

 

働く環境は?

次に大切なポイントは、働く環境です。
社内がキレイかどうかも大切な要素です。働く環境が汚いということは、掃除をする暇もないほど残業が多かったり余裕がない証拠です。
社員同士も相手のことを考える余裕がないほど人間関係が良くない可能性もあります。
社内がきれいであると気持ちがよく働けますし、勤務時間に無理がなく、人間環境も良好な職場であると言えます。
また、衛生環境がよく、整理整頓されている会社では、健康的に働くことができます。
職場見学の際には、会社に一歩足を踏み入れたところから、キレイかどうかを確認するようにしましょう。

 

自分の目で確認できるかどうかが相性を見極めるポイント

職場見学に行く前には、確認してくるべきポイントをしっかり押さえておきましょう。
例えば、よく知らない異性に告白されたとき、その相手と相性がよいか否かを見極めることは難しいですよね。触れ合って相手のことを知ることで、受け入れるかどうか判断できるようになりますよね?会社も恋愛と同じで、直接目で見て話を聞かないと分からないことがたくさんあります。
求人票やコーポレートサイトを見ただけでは、知り得る情報は限られます。
職場見学では、社員の表情や社内環境など、自分の目で印象を確認しに行きましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。