ドラフトカフェ
スポーツ

【#メジャ就】MLBで、試合に出場せず”年俸20億円”を稼いだ男は誰か?

ドラフトカフェ編集部 2018.05.30

あなたは、このクイズに正解できますか? 

いきなりですが、あなたに“問題”を出します。

Q.MLB(メジャーリーグベースボール)で、試合にまったく出ないのに、毎年20億円も稼いだ人がいました。さて、それは一体、誰でしょう? 

年俸20億円で契約した選手が、ケガで試合に出られなかった、という話ではありません。この人物は、毎年約20億円もの年俸をもらい、しかもMLB関係者たちからリスペクトされていました。でも、この人物は野球選手ではありません。

 

答えは野球選手ではありません!

A.バド・セリグ元コミッショナーです。運営側のトップで、1998年7月から2015年1月までMLBのコミッショナーを務めた人物です。

日本のプロ野球界では、スーパースター選手の年俸ばかりが話題になります。 例えば、日本ハムファイターズだった大谷選手は、2.7億だったり、福岡ソフトバンクホークスの柳田選手は5.5億円だったり。。。

本場アメリカでは、選手でなくても経営のプロもまた、成果を挙げれば「何億といういう高額年俸を稼げる」という象徴的な実例です。

スポーツ・ビジネスは裏方の仕事ですが、報われない仕事ではありません。やりがいがあります。評価を受ければ、選手よりも長い期間、選手以上の報酬を手にすることもできる、魅力的な仕事なのです。

ちなみに、NPB(日本野球機構)のコミッショナーの年俸は「2,000万円」と言われています。勤務が「週に1回、黒塗りの車の送迎でコミッショナー事務局に顔を出す程度」と聞かされたら、「高すぎる!」と感じるファンが多いようです。

けれど、ビックリすることにMLBのコミッショナーはその100倍の20億なのです。 この数字に、日本のプロ野球とMLBの根本的な違いがあります。

 

なぜ、MLBのコミッショナーは高額報酬をもらうことができるの?

高額報酬をもらうだけでなく、周囲がその報酬額に納得するMLB

日本のスター選手がMLBと契約するたび、“高額年俸”が話題になります。NPB(日本野球機構)では、長く活躍を重ねた主力選手で3億円くらいです。

年俸5億円に達する選手は、先ほど紹介した福岡ソフトバンクホークスの柳田選手のようにごくひと握りです。けれど、このクラスの選手がMLBに渡ると軽く10億円を超える年俸で契約できます。

2014年に田中将大投手がニューヨーク・ヤンキースに入団したとき、契約額は7年で1億5,500万ドル、当時のレートで約160億円と報道されました。年俸にすれば約23億円です。日本とは全く桁が違いますね。

 

つい20年前まで、NPBとMLBのビジネス・スケールはほとんど同じだった?

ここにひとつのデータがあります。NPBとMLB、それぞれの売上金額です。 

・1994年の売上
NPB:1,200億円
MLB:約14億ドル(約1,120億円)

・2012年の売上
NPB:1,200億円
MLB:約75億ドル(約5,600億円)以上

※それぞれ当時のレートで日本円換算 

 

日本のプロ野球の売上が横ばいで変わらないのに対し、MLBは約20年で5倍以上の成長を遂げたのです。 

一体、何があったからこの差が生まれたのでしょうか?

MLBの野球が20年前より5倍面白くなったのでしょうか。選手のパフォーマンスが5倍素晴らしく伸びたのでしょうか?

そうではありません。この差が生まれた最大の要因は、各球場で展開される試合や、選手たちのパフォーマンスをどのように収益に変えていくか?

つまり、ビジネスにたずさわる担当者の意識改革、そしてビジネスの仕組みそのものの変革にありました。

 

活躍すれば年俸が上がるのは選手だけじゃない!

その先頭に立ったのが、1992年からコミッショナー代理に就任したバド・セリグです。コミッショナーが「MLBの最高経営責任者」として経営改革を進めた結果、ファンが戻り、売上がうなぎ上りに伸びているのです。

日本はあまり経営に深くかかわりませんが、アメリカは違いました。最高経営責任者は改革をどんどん進めて行くので、その点が大きく違います。

経営のプロとして、4,000億円を越える増収を実現したからこそ、退任する年には年俸が20億円を超えていたというワケです。

活躍すればするほど、年俸が上がるのは選手だけではありません! 経営のプロもまた評価を受け、高い報酬を得ることができるのが本場アメリカのスポーツ・ビジネス界です。

 

メッセージ

もし、皆さんや皆さんの周りでスポーツを仕事にしたい生徒や、アメリカや海外で働く事に興味があれば挑戦して欲しいです。

私、ヨシ・岡本も皆さんをサポートしたいと思いますのでもっと話を聞いてみたい!と思ったらこちらまでコンタクトくださいね!
noteの電子配信版もありますので、見てみてください。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]