敬語はしっかり使える?間違って使うとマイナス印象になる

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/7/3

社会に出て仕事をするようになると、同級生や先輩といった身近な人たち以外にも、いろいろな立場の方々とお話する機会が出てきます。
社会人になったら最初に気を付けたいのが敬語。おかしな敬語を使っていると、初対面の方に「マナーのない人だ」と思われてしまい、その後の会話が弾まなくなってしまうことがあります。
学校内だと普段なじみのない敬語ですが、きちんと使えることにより、社会人になって、一緒に仕事をする人たちやお客さまに良い印象を与えることができます。
正しい敬語について、この機会に確認してみましょう。

 

間違った敬語は失礼!

敬語は相手に敬意を表すために使う表現です。
しかし、使い方を間違うとかえって相手に失礼な印象を与えてしまいます。

【例】上司よりも先に仕事を終えて帰るとき
間違い:ご苦労様です
正しい:お先に失礼いたします

「ご苦労様です」は丁寧に見えますが、目上の人が部下に対して使う表現です。上司に向かって使ってはいけません。

この他に、連絡を受けたときの返事としてよくある間違いを紹介します。

【例】10分遅刻すると上司から連絡があったとき
間違い:了解です
正しい:承知しました

「了解」には「相手の事情を理解した上で認める」という意味があり、相手を上から見て使う言葉です。
部下から上司、お客様など目上の人に使うのは失礼です。

 

過剰な二重敬語にも注意!

よくある間違った敬語の使い方として「二重敬語」があります。
二重敬語とは、その名のとおり敬語を一つの単語に二重に使うことを指します。

【例】
間違った敬語:社長がお帰りになられました
正しい敬語:社長がお帰りになりました

間違った敬語では「お帰りになる」(「帰る」の尊敬語)と「~される」(「する」の尊敬語)が二重に使われています。
地位が高い相手に対しては、より丁寧にしなければと敬語をいくつも重ねてしまうことがありますが、敬語を重ねたからといって敬意が高まるわけではなく、変な日本語となり失礼になりますので、気を付けましょう。
社会人の中にも二重敬語を使う人は多いので、間違いではない敬語と理解して使えることでより好印象を与えることができますよ。

 

相手に使う敬語と自分の行動に対して使う敬語

敬語には大きく3種類あり、尊敬語は相手を立てることで敬意を表す敬語となり、謙譲語は自分がへりくだることで相手を立てて敬意を表す敬語になります。
動作をするのが相手か自分かで使い分けをします。難しいですが、良い間違えると失礼になりますので注意しましょう。

【例】「行く」の敬語
尊敬語(相手を立てる):会場へは何時頃いらっしゃいますか
謙譲語(自分がへりくだる):会場へは14時にうかがいます

なお、謙譲語は自分の上司であっても“身内”の人間の行動はへりくだって、取引相手の会社の方に敬意を表すときにも使います。

【例】「言う」の敬語
▼社内で使う場合
尊敬語(相手を立てる):部長がおっしゃいました
謙譲語(自分がへりくだる):部長に申し上げました
▼社外で使う場合(取引相手の会社の方に伝えるなどの場合)
謙譲語:部長が申しておりました

 

緊張しても敬語を使いこなせるよう意識しておこう!

高校生活の中で敬語を使う場面はあまり多くないかもしれませんが、敬語を使いこなせることは社会人になる前の大切な準備の1つです。
就職活動をすると、会社の採用担当の方と面接をする機会があります。
高校生が正しく敬語を使えるかどうかは「この人と一緒に働けるだろうか?」ということを判断するポイントにもなります。
面接の場はとても緊張します。普段から正しい敬語を使えるように気を付けて、どんな場面でも上手に使えるようになっておきましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。