ドラフトカフェ
仕事 / 就職

【ギモン】高校3年生のお悩み~就職選びのコツを教えて~

ドラフトカフェ編集部 2018.07.05

高校3年生になると就職活動始まりますが、これまで部活動で忙しかった生徒にとって、就職活動は何から始めて良いのかわからないことが多いと思います。周りが順調に準備を進めている中、自分だけスタートが遅れていると感じる場合、どうしても焦ってしまうことがあります。

しかし、就職先を選ぶ際に焦って決めてしまうと、入社してから実際の仕事が自分のやりたかったことと違うため、後悔をしてしまう可能性があります。今回は就職活動を進める際に気を付けておくべきポイントを紹介します。

 

求人票だけで職場を判断しないのがポイント

高校生の就職活動は、基本的に企業が提出する求人票の情報を見ながら進めていきます。求人票には、企業が募集している仕事の内容や給料やそのほかの待遇まで細かく記載されています。しかし求人票の情報だけでは、会社の雰囲気や、実際に働いている社員の状況を直接感じることはできません。

例えば同じような仕事内容を募集している企業でも、実際にそれぞれの会社を直接見学してみると、仕事のスタイルや職場の雰囲気が違うことに気が付くでしょう。就職したら毎日職場で仕事をすることになるため、自分にあった雰囲気やスタイルの会社を選択することがとても重要になってきます。

 

就職後に悩まないために「職場見学」に行くのも就職活動のポイント

就職後に自分の考えと職場が合わずに悩んでしまう理由の一つに、職場の雰囲気や仕事を進めるスタイルが、自分の感覚とミスマッチを起こしている場合があります。これは職場見学を行わずに求人票の情報だけで判断してしまい、入社後に初めて職場の雰囲気に接する場合に起こります。

自分の考えと職場の雰囲気のミスマッチが大きい場合は、早期離職に繋がってしまう恐れもあります。このようなミスマッチを防ぐためにも、求人票の情報だけではなく、先生を通じて会社側に職場見学をさせてもらえるか確認することが大切です。

ほとんどの会社は職場見学を行っていますので、ぜひこの機会を活用してみましょう!

 

職場見学での質問。必ず質問しておくことは?

職場見学を選考前に行っておくことで、職場の雰囲気や社員の様子を直接知ることができます。しかし、職場見学に行くだけでは、求人票などで疑問に感じている項目を確認することはできません。職場見学時には必ず自分が確認したい項目を質問しましょう。

そのためには、質問できるようあらかじめ準備しておき、職場見学時にその項目を質問をして解決しておく必要があります。実際に職場で働いている先輩社員は、多くの時間を職場で過ごしているため、自分が感じている質問に対してきちんと答えを教えてくれます。

入社してから残業が多かったり、休日がなかなか取れないといった問題にぶつからないように、職場見学の時にはできるだけ多くの質問をして疑問点を解消しておきましょう。

 

就職に失敗しないために、会社チェックは念入りに行おう!

就職は高校卒業後の人生を支えていくとても大切なポイントになります。せっかく入社しても、ミスマッチが発生して数か月や一年程度で退職してしまっては、将来の人生設計に大きな影響を与えてしまいます。

自分が選んだ会社で不安なく働き続けるためにも、必ず職場見学に行って直接職場の雰囲気を自分でチェックしておくことが大切です。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る