求人票を眺めるだけではわからない?職場見学のススメ

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/7/10

就職活動を行う際に、希望の会社を決めるの手段の一つとして、多くの人が求人票の情報を重視すると思います。求人票で得られる情報はその会社の必要最低限の情報です。
求人票の情報のプラスアルファを得るための手段として「職場見学」があります。
求人票を眺めているだけでは自分が働く場所の雰囲気がつかめず、選考の受験のときの自己PRや志望動機が上手く言えないだけでなく、会社が合わないと悩むことが少なくなります。

 

求人票で確認できることは?

求人票に掲載されている内容は、主に下記の内容です。
・勤務地
・募集職種
・仕事の内容
・勤務時間
・残業の有無
・休日
・給与
・福利厚生
・賞与、昇給・昇格
・応募に必要な資格
・選考方法
・採用実績
・離職状況 など

会社の基本的な情報や自分が働く上での条件が記されています。
求人票では自分が働く条件を文字や数字で確認することが出来ます。しかし、あくまでも紙面上に記すことが出来る情報だけであって、求人票だけでその会社の事が理解出来たかといえば、そうとは言い切れないでしょう。

 

求人票だけではわからない。働く人の雰囲気って?

興味を持った会社の求人票を見て働く条件を知ることが出来たら、次はどんな会社なのかを知る必要があります。
その会社で実際に働いている人はどんな人たちなのか。
社内の雰囲気はどんな感じか、など。
これらの情報は求人票では分かりません。
会社にはそれぞれ「社風」というものがあります。その会社のイメージや方針のようなものです。
その「社風」が自分に合うかどうかは、働いていく上でかなり重要です。
自分と性格が合う人とは長時間一緒にいても疲れませんが、そうでない人とはしんどいと感じることがあります。就職はそれと似たようなところがあると言えるでしょう。

 

就職後にどんな仕事をするのか見ることが出来る

会社の「社風」を知るためにはどうすれば良いか。実際に会社に行ってみることです。
職場見学に積極的に参加してみる事をおすすめします。
会社の場所やどんな建物なのか。
実際に働いている人たちがどんな人たちで、どんな表情で働いているか。
そして何より、どんな仕事をしている会社なのかを見ることが出来るというのが職場見学のメリットです。
見学することによって、良くも悪くも思っていた仕事と違うと感じる人もいるかもしれませんが、それも見学したから思えたことです。
実際に見て感じることで、入社後のミスマッチを防ぐことが出来ます。

 

「ここで働きたい」を見つけるためには行動しよう!

会社選びは人生の中でも大きな選択の一つです。失敗したらどうしようと思っている人も多いと思います。
だからこそ、自分が興味を持っている職業や会社を知ることは大事なことです。
求人票を見て条件を知り、職場見学で働く環境を知る。
そうすることによって、自分がそこで働いているイメージを持つことが出来るかどうかです。
就職試験に関わる社員はごく一部の方です。その時に初めてその会社に行くのでは、本来の会社の雰囲気を知ることは難しいでしょう。
積極的に職場見学に参加し、自分の選択肢をできるだけ増やしましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。