ドラフトカフェ
遊び

高校生にオススメ!最強の画像加工アプリ「PicsArt(ピクスアート)」

ドラフトカフェ編集部 2018.11.29

高校生にとって、TwitterやInstagram、LINEといったSNSのトプ画などの写真はこだわりたいという人は多いのではないでしょうか。
ぼかしや切り取り、文字入れなどを別々のスマホアプリで加工しているという高校生も多いですよね。
そんな高校生に、オススメのオールインワンで使える画像加工アプリ「PicsArt(ピクスアート)」を紹介します。

自撮り画像をぼかして使う時にPicsArtがメチャ使える

教室での写真や友達と遊びに行ったときなど、せっかく面白い写真が取れたのに困ったことはありませんか?
SNSのトプ画にそのままで使えず、ぼかすことやモザイクなど画像加工が必要なときがありますよね。そんなときに使ってほしいアプリがPicsArtです。

PicsArtは、無料で使える画像加工に強いスマホアプリです。一部機能が有料になっていますが、無料で使える機能が多いことで人気があります。
ワンタッチで自撮りした画像をぼかしたり、特殊加工を施したりすることができます。
加工したい画像を選択して、下側にあるスライドを選ぶことで、ぼかす強さや加工の調節が可能です。撮影した画像を幻想的なものにしたり、顔をそのままでアップできない画像が簡単に準備できたりします。

また、PicsArt自体がSNSになっていて、PicsArtアプリで加工したこだわりの一枚をアップする人が多いです。
イメージ的にはインスタに似ていて、「いいね」や「コメント」を入れることができます。
友達が驚くような画像加工をする時には、ものすごく参考になるものばかりです。アーティスト並みの、オシャレでカッコいい写真が楽しめます。
海外の画像もたくさんあるので、見ていて飽きることがありません。

オールインワンの機能で画像や動画加工が高校生でも簡単!

PicsArtには画像や動画に加工を施すための機能が、一通りそろっています。
そのため4億を超える人が、アプリをインストールしたという実績があります。そんな使い勝手の良いPicsArtの代表的な機能について紹介します。

PicsArtにそなわっている画像加工の機能は大きく分けて4つです。
編集・コラージュ・ペイント・ステッカーがあり、それぞれに詳細なメニューが10以上あります。

例えば、編集のメニューだけで、

  • ツール
  • エフェクト
  • マジック
  • ステッカー
  • 切り抜き
  • 文字の追加
  • 写真の追加

など、トータル16のメニューが利用可能です。
画像に文字を入れるペイント機能では、38種類のペンをチョイスして色や太さを調整できます。

PicsArtひとつで高校生が必要な画像加工の機能が備わっているオールインワンのスマホアプリといえるでしょう。

PicsArtはインスタやツイッターする高校生に便利

画像をアップするときには、ちょっとした加工をする時には使いやすいアプリです。ビンテージやレトロ、油絵風などたくさんのエフェクトを利用すると、こだわりの一枚としてSNSにアップできます。

写真を加工するときに、利用する人が多いフィルター加工やエフェクトは本当にオススメです。InstagramやTwitterで友達と差をつけたい高校生にこそ、PicsArtは使ってほしい画像加工アプリです。

また、シェア機能を利用することで、PicsArtで加工した画像や動画がすぐSNSにアップできて便利です。シェア機能はInstagramやLINE、TwitterなどメジャーなSNSに対応しています。周りのお友達と違う画像加工をしてみたい時には「PicsArt」がオススメです!

まとめ

今回は、これ一つ入れれば画像加工がほとんど出来てしまうスマホアプリ「PicsArt」について紹介しました。

手間を少なく画像加工したい人にはレイヤーやぼかし、ペイントなどがあり、多機能なので非常にオススメです。写真の加工にPicsArtを使って、SNSに投稿してみてくださいね。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る