ドラフトカフェ
勉強

京大現役合格者が語る!勉強のモチベーションを上げるための方法とは?

さつき 2018.12.27

こんにちは、京大経済に現役で合格しましたライターのさつきです!
勉強することは、将来の可能性を広げる上で重要です。
しかし、高校生活の中で、常に勉強へのモチベーションを維持し続けるのは、不可能ですし、そうある必要性も全くありません。

大切なのは、頑張るべきところで頑張れる習慣を身に着けること。これにはコツがあります。
そこで、今回は勉強のモチベーションを上げるための方法についてご紹介します。

勉強のモチベーションを高める方法①スケジュールを組む


やるべきことが漠然としている場合、やる気なんて出てきませんよね。
自分がいつ、何をやるべきか明確化することは、モチベーションアップにつながります。

手始めにまずは、テスト直前2週間のスケジュールを組み立ててみましょう。
勉強がスケジュール通りに進まない原因は、予定を詰め込みすぎているか、サボってしまったかのどちらかであることが多いです。
反省点を洗い出したり、随時調整をするなどして対処しましょう。

学校のテストで、予定を組み立てる練習をしておけば、受験時にあたってもスムーズに勉強を進めることができますよ。
また普段の学習にあたっても、「今日やるべきことリスト」を作成するのがおすすめです。
その場合は、優先度も決定して、重要性の高いものから着手していきましょう。

勉強のモチベーションを高める方法②集中できる場所で15分勉強をしてみる


「どうしてもやる気が起きないけど、もうすぐテストだし勉強しないと成績がやばい…」
このように勉強する気が起きないときは、15分だけ勉強してみましょう。

寝っ転がっている方は、とりあえず体を起こして、集中できる場所で勉強の準備をしてみて下さい。
軽くストレッチをすると少し頭もスッキリしますよ。
ゴロゴロしている間は勉強へのモチベーション0であっても、「15分だけ」など時間を絞って勉強を始めてみると、意外に何時間も集中力が続くこともあるのです。騙されたと思って、一度やってみてください。

勉強のモチベーションを高める方法③休憩時間には、お昼寝や散歩をする

勉強へのモチベーションを高める方法として、効果的なのは脳をリフレッシュさせることです。
脳のリフレッシュ法として、軽く体を動かす、または睡眠をとることが挙げられます。

授業でずっと座りっぱなしだと、頭がボーッとしてきませんか?
それは、長時間同じ体制でいることにより、頭に血流が十分回っていないためなのです。脳に血流を流すには、散歩など軽い運動を行うことが効果的です。

また、長時間勉強をしていると、頭がぼんやりしてくることがあります。体を軽く動かしても解消できそうになければ、思い切ってお昼寝しましょう。眠ることで記憶が定着するので、暗記科目を勉強した後に、15分程度のお昼寝をとるとより効果的です。

まとめ

今回は、勉強へのモチベーションをアップさせる方法をご紹介しました。
その中でも、とりわけ実践していただきたいのが「勉強のスケジュールを組む」ことです。

最初のうちはスケジュール通りに進まないことがほとんどでしょう。

しかし、そういった失敗を繰り返すことで、自分にとって最善の計画を組み立てることができるのです。
ゴールを見据えた上で、スケジュールを組み、その通りに勉強を進めることができれば、志望校に合格する可能性もグッと高まりますよ。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加

この記事の著者:さつき

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る