【高卒社員に聞いた】高卒就職のメリットって?!大卒との比較は?

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/7/24

高校を卒業してすぐ就職するのか、大学を目指すのかといった選択と合わせて悩んだり考えたりする理由の一つとして、社会人になってからの給料の差かもしれません。
また、高校生からいきなり社会人になる不安であったり、「大卒の方が給料がいい」といった話も耳にする機会もあったり、高卒で就職するメリットが何か知りたい方がいるのではないでしょうか。

3月に高校を卒業してJOBドラフト運営会社の株式会社ジンジブに今年4月に就職した岡村くんに高卒での就職について聞いてみました。

 

高卒と大卒、社会人1年目の給料は?

高校卒業してすぐに就職したけど給料について考えることはなかった?―――――

給料については考えることはありました。高卒で1年目の給料は正直、大卒と比べて少し少ないのかもしれません。
でも同い年の子が大学を出て社会人1年目の時に、自分は社会人5年目です。4年間の間に自分の実力で給料を上げる努力をし続けたら、大卒で入社してきた社会人1年目の同い年の子よりも給料は上がっているかもしれません。
社会人としての経験がついている4年先の事を見たときには、高卒のほうがいいのかもと考えました。

 

給与の差はあるが、4年の経験値はお金では買えない

高卒で就職するメリットは、大学の4年間よりも社会人の4年間の方が社会人としての経験ができることです。大卒の人が4年後入社してきたときに歳は同じだけど社会人としては4年先輩と言う事になります。今から考えても経験値の差は凄く大きい事だと思います。
大学出てからもすぐには社会人としての経験は研修などで時間を掛けて身につけていきます。
これといった学びたいこともなくなんとなく大学に入学して勉強するよりも、社会に出て社会人として学んで経験値を積んでいくほうが自分の身になりますし、いくらお金をかけても経験値はすぐには手に入れることはできないと考えました。

 

高卒新卒入社で20代までにどれくらい努力で昇給できるのか確認しよう!

高校生は、部活やバイトぐらいで社会をあまり知らないと思います。
大学生も同じく社会はよくは知らないと思います。大学在学中にはサークルや色々なことを学ぶかもしれません。
高校卒業してすぐに社会人になると大学での自由な経験がない分、新しい事を挑戦したときに、前向きにすべて吸収する意欲が凄くあると思います。今、パソコンのタイピングやプログラミングなどの勉強をしていてとても楽しく、始めた頃より吸収できていると実感しています.
もちろん仕事が楽しくなるにはいっぱい努力をして、いっぱい失敗して経験していくことになります。経験をしていく中で、気づいたら給料が上がってて、役職がついている、と言う事が将来あるかもしれません。

 

大学に行く理由が特にないなら経験を積むことを優先にしてもいいかも

将来の夢を持っているのであれば、それに向けていくのならどんな道でもいいと思います。
ただし、特に何の目的もやりたいことがないのになんとなくの理由だけで大学に行くのだったら、高校卒業してから働いた方がいいと思います。
僕は入社してからタイピングすら上手く打てずに悔しい思いをしましたが、毎日練習する中で上達して行き、始めた当初より5倍くらい早く打てることができるようになりました。
また、苦手意識で今まで避けていたこともプログラミングのスクールに通ってからは知らないことが理解できるようになることも知りました。
経験を積むということは日々の努力が大切ですし、数日前、数週間前を振り返って出来なかった自分が出来るようになることはとても嬉しいことだということも社会人になって知ることができました。
仕事としても色々な経験を積んでいって社会人として活躍できるんだと思います。
実際に活躍している周りの社会人の中には、役職を持っている人が高卒だったことを聞くと夢が広がります。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。