面接官はここをチェックしている!気をつけたいマナー

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/7/27

面接に慣れていないと、面接官にどんなところを見られているのかが気になるでしょう。
面接の場では、気をつけるべきマナーがあります。
変に所作を意識しすぎて肝心な挨拶やお礼を忘れないようにすることは大前提ですが、相手を不快にさせないようにマナーをしっかり確認して面接に臨みましょう。

合わせて読みたい:自分の長所は語れる?自己分析で見つける自己PR

 

なぜマナーを意識することが大切なの?

なぜ面接の場では、マナーを意識することが大切なのでしょうか?
マナーが悪いと、面接官への心象は良くありません。面接官は、マナーが悪い人と一緒に働きたいと思うでしょうか?当然のことながらそんな人と一緒に働きたいとは思いませんので、採用をしたいとも思いません。

逆にマナーが良いと「きちんとしている」という良い印象を与えて、面接の時間をお互い心地良く過ごすことができます。
マナーとは、相手への心遣いです。

面接官の立場に立って、どうしたら不快な思いをさせないかを考えてみましょう。
そして、マナーが悪い人だと思われないようにしっかりとマナーを知り、身につけて面接に臨みましょう。

 

髪をよく触る、貧乏ゆすりや手遊び、無意味な手振りは癖になっていない?

面接官から見ておかしな癖があると、それが気になり、印象に残ります。
例えば、話しながら髪の毛をなでたり触ったりしていると、その動作が気になります。貧乏ゆすりや、爪をいじるなどの手元の動作も、気をつけなければ落ち着きのない印象を与えます。

また、緊張のあまり身振り手振りが大きくなりすぎることも、とても気になります。
こうした癖を目にすると、面接官によっては不快に感じることもあるので、面接中は落ち着いた態度で話せるように、日頃から良くない癖を出さないように心がけ、日々意識して過ごすことが大切です。

 

関連記事:自分は良くても相手にはマイナス?髪型に気をつけよう!女性編

関連記事:自分は良くても相手にはマイナス?髪型に気をつけよう!男性編

 

友達と同じ感覚の言葉遣いにはなっていない?

面接をしていると、「友達感覚で話しているのでは?」と思われるような話し方をする人がいます。
自分では敬語で話しているつもりでも、「そっすね」「ヤバい」「~なんスよ」「~じゃないですかぁ」など、友達や身近な先輩と話すような言葉遣いが出てしまっていることがあります。
このような話し方は、緊張感がなくなったときにこそ出やすいものです。

また、「えーっとぉ」「ん~」などと、幼稚な話し方や語尾を伸ばす話し方にも気をつけましょう。
面接という肝心な場面で出てしまって取り繕うことはできません。何気ないタイミングでつい出てしまっても面接官は要チェックしていますので、日頃から意識的に直す努力をしておきましょう。

 

面接は“日頃の行動を問われる場”であると意識して準備しよう!

面接は、日頃の行動が問われる場です。
なんとかなると安易構えて準備を怠ると、面接当日はとても緊張しますし、自分自身が納得できない面接に終わってしまいます。

面接官に良い印象を与えない癖や話し方などはふいに出てしまいます。自分では気づかない部分も面接官には見られていることをしっかり認識して、面接本番でマナーの悪い行動が出ないよう、日頃から癖や話し方などを意識的に直す努力をしましょう。

慣れない面接で良い結果を得るためには、どれだけ事前に準備できたかが大切です。練習した分、改善した分だけ良い結果はついてくるはずです。

 

関連記事:電車が遅れただけだから私は悪くない?遅刻が与える悪影響


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。