総合職って何?たまに求人票で見かける「総合職」というシゴト

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/7/28

求人票を見ていると「総合職」という表記を目にすることがあります。「総合職」は、将来的に会社の中心に立って、盛り立てていくことを期待されている職種です。そのため多くの場合、様々な部署を経験します。
ちなみに、「総合職」に対して「一般職」という表記もありますが、こちらは、一般的に「総合職」の補助的な仕事を差しています。
今回は、求人票で見かける「総合職」というシゴトを詳しく説明します。

 

総合職にも種類がたくさんあるの?

求人票を見ていると「〇〇系総合職」などと、同じ総合職でも様々な表記を目にします。
一つは「事務系総合職・技術系総合職」のように総合職の中の職種を限定する表記です。会社によってまちまちではありますが、事務系総合職は主に営業や企画・人事・総務などの仕事を担当することが多く、技術系総合職は、研究、生産などの専門的な仕事を担当することになります。また、「エリア総合職・地域限定総合職」などと働く場所を示す場合もあります。全国や世界各国に支社があるような企業の場合は、転勤を伴った異動がある総合職と、転勤がない、もしくは転勤のエリアが限られている総合職を区別して表記することがあります。

 

総合職だと自分の希望の仕事に就けないの?

事務系・技術系と大まかに職種が分かれていることはあっても、基本的に様々な経験をすることを期待されている総合職。・・・となると、総合職で入社した場合は、自分が希望する仕事はできないの?と不安に思うかもしれません。
実際に、入社後に本人の希望や適性を見て配属が決まりますが、色々な仕事を経験しながらキャリアアップしていく職種なので、最初にどんな部署に配属されたとしても、将来的に希望の部署に行ける可能性は十分にあります。どんな仕事にも懸命に取り組み、希望を伝え続けることが大切です。

 

総合職と書かれた求人で事前に確認しておいたほうがよいこと

では、あなたが興味を持った会社の募集職種が「総合職」だった場合、事前にどんなところを確認しておく必要があるのでしょうか。総合職は会社によって定義がまちまちです。

そのため、先生を通じて、もしくは職場見学の際に、異動の頻度や研修制度、自分が入社後にどのようなキャリアを踏んでいくのかなど、気になることは細かく確認しておく必要があります。転勤がある場合は、その頻度や場所が将来的に家族を持った際のライフプランにも大きく関わってきますので、きちんと確認しておきましょう。

また高卒で活躍している社員の入社後のキャリアプランも聞いておくとよいでしょう。

 

総合職のやりがいや将来性は?

いかがでしたか?総合職は将来的に、仕事において総合的な判断を下す人材になることを期待された職種です。

そのため、気が進まない部署や転勤を経験しなくてはならないこともあるかもしれませんが、色々な部署を渡り歩く中で、自分が好きになれる仕事や向いている仕事に出会えるかもしれません。

また、様々な仕事を経験することで、キャリアを築くことも可能です。頑張り次第で、数年後には自分が中心となって会社を動かしていく可能性も秘めています。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。