高校生っていつから就職活動するの?2017年スケジュール

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/8/4

就職活動のスケジュールは把握できていますか?
高校生は、学業を最優先させることを前提にルールが敷かれているため、一定期間は複数社の就職試験を同時に受けることが出来ず、一社に絞らなければなりません。

受けた会社の結果が出るまでは別の会社の就職試験が受けられない「一人一社制」という制度があるため、職場見学などでじっくり吟味し、一社に絞り込んでから試験に挑む必要があります。
今回は、高校生の就職活動スケジュールを詳しくご紹介します。高校生の就職活動期間はとても短いので、後悔しないようスケジュールに沿って行動しましょう。

 

高校生の就職試験の応募書類受付は9/5、選考は9/16から!

夏休みが終わって間もなく、9月5日から学校を通じて企業へあなたの応募書類が提出されることになります。
そしてほどなくして9月16日から選考が始まります。
夏休み期間中に、興味がある会社の情報収集や職場見学を行い、その中から会社を絞り込み、さらに履歴書や証明写真の準備、面接の練習などもしなくてはなりません。
まさに「夏を制する者が、就活を制する!」ということになるのです。
やるべきことは無数にありますので、9月の本番を迎える前に、しっかりと準備が完了できるようにしておきましょう。

 

関連記事:面接官はここをチェックしている!気をつけたいマナー

関連記事:履歴書から性格が読み取れる?採用担当者はここを見ている

 

求人票は7/1から見ることが出来る

求人票は、7月1日から見ることができます。
たくさんの求人票の中から、興味のある業界・企業を絞り込んで、どの会社の職場見学に行くのかを決めたら、先生を通じて企業へ職場見学の問合せや申し込みをする必要があります。
しっかりと求人票を閲覧して自分の希望の企業を絞り込まないと、先には進めません。
何がやりたいのか、どんな会社に行きたいのかがなかなか定まらない場合は、少しでも興味のある企業を見学してみましょう。
働いている人を間近でみると、自分が働くイメージが思い描けることも少なくありません。
悩んでいる時間はそんなにたくさんありません。まずは行動しましょう。

 

関連記事:求人票ってどこをどう見たらいいの?分かりづらいときはどうする?

 

夏休みを使ってしっかりと職場見学をしよう!

冒頭でも触れたとおり、高校生が9月5日の応募書類受付開始時に応募できるのは一社のみです。
とても限定的な就職活動になるので、慎重に会社選びをする必要があります。
会社に選ばれるのを待つのではなくて、自分から主体的に会社を選ぶことが大切です。「先生や親に進められたから」、「なんとなく良さそうだったから」などと、自分の意思をもたずに決めてしまうと「こんなはずじゃなかった」と後悔することになってしまいます。
後悔しないように事前にできることは、下調べと職場見学です。しっかり事前の情報収集と職場見学をして、納得してから応募先を決めましょう。

 

関連記事:職場見学でチェックすると良いこと、自分との相性は?

関連記事:求人票を眺めるだけではわからない?職場見学のススメ

 

夏休みはしっかりと行動して就職試験を乗り越えよう!

いかがでしたか?
あまり想像したくないことですが、最初に応募した会社から内定がもらえないと、次の応募先を考えなくてはなりません。就職活動は長引くほど辛くなるものです。
そうならないためにも、夏休み期間は有効的に使いましょう。
夏休み中にどれだけ主体的に行動できたかが9月以降の運命を左右します。求人票の吟味や職場見学などは夏休み中にしっかりとやっておきましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。