【高卒新卒】入社3ヶ月、入社後は日々勉強。

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/8/16

入社して3ヶ月がたちますが、仕事にも少しずつ慣れてきて楽しくなってきています。
学生の時に学校で勉強を全くしてこなかったのですが、社会人になり仕事をしていると、勉強しなければならないことがたくさん出てきます。
「社会人になってからの方が実は勉強するかも?」と思ったので、勉強するようになりました。
周りについていけなくなるので、勉強をしなかった人も勉強を自分からするようにした方が成長すると思います。入社して勉強の大切さを知りました。

 

入社前のイメージがガラリと変わった

実際に入社してみて、入社した会社の人は温かい人が多いと感じました。しっかり褒めてくれたり、社内では「ありがとう」があふれていたり、改めてこの会社に入って正解だったなと思います。
入社する前は、「会社には怖い人ばかりがいるんだろうな」という勝手なイメージがあったのですが、いざ入社すると、優しい方ばかりで、仕事がしやすいです。
入社する際に会社の雰囲気を感じ取るのは重要かもしれませんね。

 

仕事では慣れない敬語がつらかった

入社してから一番きついと感じたことは、しっかりとした敬語を覚えることでした。
これまで使っていた敬語というのは、社会人に必要な敬語とは全然違っていて、これまで自分が使っていた敬語から正しい敬語に変えることがきつかったです。
これまで使っていたダメな敬語が体に染みついていて、ふとした時に出てしまったりして、すごく大変でした。
改善策として同期とも日常から敬語で話し合って、しっかりとした敬語を体に慣れさせることを意識して、徐々に敬語はよくなっていきました。
これまでしっかりとした敬語を使えていなかったので、使えるようになった今、自分は成長したなと感じます。

 

「高卒でもやれるぞ!」と社会に浸透させたい

仕事を出来るだけ早く覚えて、周りの大卒の人と比べられないくらいに成長したいです。
高卒でも大卒でも関係ないと思われるくらい人間的にも成長して、高卒のイメージを変えていきたいです。
「高卒でもやれるぞ!」というところを今の社会に浸透させていければなと思っているので、これから更に仕事を自分から頑張っていきたいと思います。

 

職場選びで大切なのは人間関係

仕事をしている中でやっぱり人間関係が大事で、一番気にするところだと思います。
後悔しない職場探しは、職場見学に行ったときに、しっかりとその企業さんの雰囲気や社員の人がどういう人なのかを見ておくことです。
就職したら、ずっと働いていかなければいけないので、きっちりと自分に合いそうなところを探すことが大切だと思います。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。