ドラフトカフェ
仕事 / 就職

【オンライン対策】マナーと礼儀を意識しよう!

ドラフトカフェ編集部 2020.07.06
オンラインの注意点

2020年の就職活動では、企業との面接や説明会など、直接会って行う場合もオンラインで行う場合も、どちらの可能性も考えられます。

就職活動を行っていく上で、オンラインで企業とつながることも想定し、事前に注意点について知っておきましょう!

少しでも企業とオンラインで対面することに、不安や心配な時こそ前もって練習をし、当日までには完璧にしておくと、相手が受ける印象を良くする確率が上がります。ぜひ、参考にしてくださいね。

オンラインでZoomを使う場合は、こちらもオススメ!
【オンライン対策】ZOOMの使い方を伝授!

オンラインでつながる前に、マイク・カメラチェックをしておこう。

マイクとイヤホン

マイクは自分が考えている以上に、周りの音を拾って相手に聞こえてしまう可能性があります。そのため、オンラインでつながる場合は、できるだけ周りの音が入らない場所で行いましょう。

パソコンのタイピングの音も相手には「カタカタカタカタ・・・」としっかり聞こえますので、注意しましょう。タイピングの音は、マイクがオンになっている状態で複数人が繋がっていると、話している人の話が聞き取れないなどで、周りの人に迷惑になってしまいます。

また、カメラが下を向いていると顔が映らなくなってしまうので、オンラインで繋がる前に、まっすぐ写っているか、周りの余計なものが映っていないか確認をしておきましょう。

カメラの位置のせいで印象が悪くならないように、カメラの位置には特に気をつけましょう!

マイクチェックをしておくと良い理由

パソコンやスピーカーの性能、ネット回線の環境によって相手に聞こえる音声は変わります。

本番で相手に自分の声が聞こえないとなると、なぜ聞こえないのかアタフタする結果に・・・。相手の時間を取ってしまうことにもなるので、オンラインで会話の内容に関係なく、悪い印象にとらえられてしまうこともあります。

なので、音声チェックは前もってしっかりと行っておきましょう。

カメラチェックをしておくと良い理由

Webカメラ

オンラインでのカメラは、直接会って対面したとき以上に緊張するかもしれません。視線をどこに合わせるべきかなど、“慣れていない”ということが一番大きな理由です。慣れないことって、相手の反応が気になりますよね・・・。

そのため、カメラを通じて面接やセミナー、説明会など繋がる機会がある場合は、カメラの向きで悪い印象を与えないように気をつけましょう!

カメラが下を向いていると顔が見れません。直接会って話をしているときに、下を向いているのと変わりませんよ…。

下向きと逆で、カメラを上に向けると、相手を見下ろしているよう な角度になる場合もあるので、カメラの上向きも注意が必要です。

あごを引いて相手に正面の顔が見えるように、カメラの位置を調整して 上半身が映る距離を確保しましょう。オンラインでは常に自分がカメラにどのように映っているかを考えながら行いましょう。

事前にカメラチェックをしておくと、自分の映っている姿が確認できるので、どのように相手に見えるか確認のため、事前チェックはしっかりと行っておくと安心です。

オンラインだからこそ、“ココ”は気をつけたい!

オンライン注意事項

カメラやマイクだけでなく、オンラインだからこそ、気をつけたいことがいくつかあります。

オンラインでの服装・身だしなみ

高校生の場合、基本は制服です。制服がなくて私服の場合は、Tシャツや部屋着はNG!

また、カメラは思っている以上に広い範囲が写ります。なので上半身だけしか見えないと思って上だけ制服にしてしまうと、立ち上がった拍子に手を抜いていたことが 見られてしまうことも…。

オンラインを利用中に立ち上がる可能性は高くはないですが、直接会って話しているときと同じように、頭髪や服装などの頭から足先まで緊張感を持って、身だしなみはきちんと整えましょう!

オンラインで聞く態度・姿勢

話すことだけでなく「聞く態度」もチェックされています。オンラインでは、直接会って話すとき以上に反応を見せないと、「分かっているのか」「聞いているのか」が分かりづらいです。

必要に応じてあいづちを打ったり、アイコンタクトを取ったりと反応をして、相手の話に興味を持った「聞き方」をするとよいでしょう。

相手が話しているときのパソコン操作やスマートフォン操作はダメ!意外と画面越しであなたの行動は見られていますよー。

オンラインではイヤホンのマイク部分は触らない

オンラインイヤホン

自分には聞こえないので気づかない場合が多いですが、イヤホンでやり取りする際は、マイク部分を触らないようにしましょう。聞いている側には「ガサゴソガサゴソ」と不快な音が聞こえています。

オンラインでは、マイク部分を触らないことはもちろん、姿勢を正し直すときや机部分にマイク部分が当たることもあるので注意しましょう!

オンラインで必要に応じてミュートを使おう

タイピングの音は意外と大きく、イヤホンで直接音を拾う場合も多いため相手に不快感を与えることになります。

メモを取るときなど、パソコンのキーボードを触る場合は、必要に応じてミュートを使いましょう。

オンラインで話すときこそ落ち着こう!

焦ってしまうと、相手にも焦っている様子がしっかりと伝わります。

画面越しの相手の目を見て話しても相手から見ると、相手には目線が下がっているように見られるため、話すときは自分のwebカメラレンズを見て話すとよいでしょう。

相手が話している時は些細な音でもマイクが拾ってしまうためマイクをオフにした状態でカメラレンズを見ながらあいづちなどしながら「聞いている」という反応をすると良い印象に感じます。

この時に机などに肘をついたり、髪の毛をいじったりすることはもちろんNGですよ。

オンラインの接続を切るときのマナー・礼儀は?

オンラインで気を付けておくべきまとめ

一礼して「今日はお時間をいただきありがとうございました。失礼いたします。」と一言添えると良い印象を与えることができます。

直接話しているより声が通りにくいので、いつもより声を大きく、話すときは早口にならないように、ゆっくり伝わりやすくすることを頭に入れておきましょう。

相手が接続を切ったことを確認して、自分の接続を切るようにしてください。もし、相手が待っているのであれば、再度「失礼いたします。」と一言伝えて接続を切ることを意識しておくと印象が良いですよ。

オンラインでのマナーのまとめ

オンラインまとめ

当日や直前になってから音声が聞こえない、カメラが不調…ということがないように、前もって確認しておくことが一番のポイントです。

また、パソコンの充電はしっかり行っておくか、電源コードを繋いでおくようにしましょう。途中で電源が切れたらそこで終わってしまいます。

服装に関しては、ワイシャツなどトップスにシワがあると身だしなみが残念なことに…なので、アイロンを使ってシワを伸ばすなど、事前準備しておくといいですね。

頭髪の身だしなみも前もってカメラや鏡で確認して、整えておきましょう。

当日の最初と最後のあいさつだけは忘れずにしてください。あいさつの仕方、声の大きさなど全て見られています。オンラインが初めてであったり、慣れていなかったりする場合は友人や家族、先生に前もって確認てもらうと良いですよ。

なお、ジョブドラフトでは、オンライン職場見学会を実施!コロナの影響で直接会いづらいと考えている人だけでなく、遠方に住んでいるため交通費の都合でなかなか職場見学に行けなかった方も必見です!ジョブドラフトオンライン職場見学会を活用して、就職活動を行っていきましょう。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る