ドラフトカフェ
仕事 / 就職

本当に進学したい?『18歳で社会人』ってカッコ良くない?

ドラフトカフェ編集部 2020.07.02
togawa

どうも!!こんにちは!!株式会社ジンジブの高卒一年目の十河寧々です~!
最近はもう暑くて暑くて仕方ないですね、、

今回はそんな私の就職に関するここまでの道のりについてお話させて頂きます!
ここから少しでも、この記事を読んでくれた高校生のみんなの就職に対するイメージや将来に対しての不安を少しでも取り除く事が出来たら嬉しいです!!

目次

1.就職に対してのマイナスイメージが変わったきっかけ
2.就活中の正直な気持ち
3.高卒として働き始めてから感じた事

就職活動はマイナスイメージからスタート

みんなの高卒で就職する事のイメージってどんな感じ??
きっとあまり良いイメージないんじゃないかな…

それ…私もでした~!正直、就職に対してのイメージはあまり良くありませんでした。

「高卒で働く事が出来る場所の中で、自分のやりたいことなんてきっとない。」
「少ないお給料で、しんどいことばっかりさせられるんだろうなぁ。」
「そんな所で一生働くなんて無理…」

なんてどんどん悪い方向に考えてしまって
「仕方なく就職しようかな?」という考えで、正直あまりやる気はありませんでした。

就職・就活って知らない世界だから勝手に想像繰り広げて、自分で悪いイメージを作り出しちゃうんですよね~!
気づいたら自分で自分の首を絞めちゃってるみたいな、、(笑)

というのも、私の通っていた高校は圧倒的に進学する人が多かったんですよね。
はじめはやっぱり私も進学するイメージをしていましたよ、なんとな~くですけど!

でも、色々な大学のオープンキャンパスに行けば行くほど、自分がしたいことが分からなくなり、もう完全に迷子!!
先生達もいい大学に行くことが、いかに大切かをいつも教えてくださったので、「やっぱり医療関係が安定かな?」なんて考えながら、高校二年生の夏休みはオープンキャンパスに行っていました。

みなさんはどうですか?今現在はっきりやりたいこと見つかってます?
やりたい事見つけるのって難し過ぎません!?(笑)

やりたいことがわからなく、迷子になった私は友達に「どこで働いてそう?」って聞きまくってました。
これ意外と良くて会話の中で「その職業○○だから嫌だ」とか、自分の気持ちを言葉に出す事で整理しやすくなるんです!
みなさんも自分の中だけで考えることが難しく感じたら、この方法を是非使ってみてください♪

ある出会いがきっかけで、進路が明確になった!

進路で悩んでいたある日、ジンジブの方が就職に関する特別授業をしに来てくださいました。

『大学に四年通っていた自分と、高卒で働き始めた社会人四年目の同級生との差が大きく出来ていたんですよね~!
特に学びたいこともないのに、ダラダラと大学に行くくらいなら四年後に社会人一年目となる同級生の先輩になれてる方がカッコ良くないですか!?』

という言葉に衝撃!!!

だって、今までいい大学に進学する事が全てだと言う“価値観”だったから!!
《高卒で就職する=進学出来ないから》という、ネガティブ選択でしかないと思っていたから!!
この時初めて高卒で就職するという選択ができるって、すごくカッコイイなと思いました。

就職に対してのイメージが180度変わった私の視野はどんどん広がり、このあと今まで考えもしなかった疑問たちが次から次へと。
「良い大学に行って必ず幸せな将来があるのか?」
「奨学金借りてまでいきたい?」
「学びたいことも特に無いのに大学に行って得るものは?」
「まだ親の下で学生を続ける?」

今まで全くなかった考えが次々とあふれ出して、一気に就職したいという意欲がでてきました!!!
だって同級生がまだ学生として授業を受けている中で、自分は社会人としてお仕事してるなんて!めちゃくちゃカッコ良くないですか?!(笑)

就活中の正直な気持ち

ジンジブの方のおかげで、やる気満々の状態で就職活動を始めた私でしたがもう本当、、壁だらけ。

何も知識がない中で希望調査を記入し、それを元に就職担当の先生が生徒に合った求人票を3枚程渡すシステムでした。
それとは別に莫大な量の求人票を渡され、数日間に渡ってひたすら読む、、
当然そんなことしても、一番私達が知りたい企業の雰囲気なんて全くわかりませんよね~!

私はその中から選んで会社見学に行きました。
そこで初めて企業の雰囲気を知ることができたので良かったのですが、高校生の就職活動のルール上、これ以上他の会社見学はできませんでした。

皆さんは何社くらい職場見学へ行く予定ですか~?
私は3社でした。自分では多いと思ってたんですけど、意外と3社って平均くらいなんですって!

自分の一生の選択を3つから選ぶなんて怖すぎません!?
こんなに狭い視野の中で決めても本当に大丈夫か、続けられるのか…と悩んでいる時に、就職担当の先生がジョブドラフトFesの案内をしてくださり行く事にしました。
私が当時インスタグラムに投稿したストーリーがあるので、特別にお見せしますね!(笑)

この日は友達とBBQしていたので、本当はそのまま一緒に遊びたかったんです…笑
でも、それだと後悔するので途中で抜けて行きました。

なんか合同企業説明会って堅苦しいイメージありませんか?
ひたすらおじさんが一方的に話して来て、ひたすら睡魔と戦うような(笑)
私も高校生の当時はそのイメージだったので、実際にジョブドラフトFesに行ってみて驚きました!
みんな企業さんの説明聞きながら楽しそうにめっちゃ笑ってる~!

行ってみて本当に企業の雰囲気を直接知ることができて良かったですし、なんだか楽しかった記憶があります☆

そして、やっぱりどの企業さんよりもジンジブの魅力は私の中で圧倒的でした!

高卒として働き始めてから感じた事

高卒として働き始めて

毎日が驚きの連続です。

念願のジンジブメンバーになれて一番に感じた事は圧倒的先輩方の凄さです。
その中でも特に、私自身高卒なのでやはり高卒で働く先輩方に驚きが鳴りやみません(笑)
なにが驚いたかって、「大卒と高卒の違いが全く分からない。」というところでした。

見た目が大人ぽいとかのレベルではなくて、年上の人たちも多いフィールドで、同じように仕事をバリバリこなして、成果も出して、差がないんです!!!
「うそでしょ…」あまりの衝撃と興奮で、しばらくぼんやりしていました。
4つも年上の人と全く同じ、もしくはもっと上のステージで働いているなんて「カッコ良すぎる~!!」と思うと同時に、私もそうなりたいと強く感じました。

そして、高卒の就活ルールと大卒の就活ルールの差にも驚きましたよ。

まず大卒は一人一社制でないということに加えて就活期間が長いんです。
知ったときは本当に、「なんでそんなに意地悪な高卒の就活ルールがあるんだ!?」
「そんなことするから高校生の離職率が高くなってしまうのに…」
と悔しい気持ちになりました。

けれど、今与えられている環境の中で、いかに高校生の離職率を低くするため。そして、より良い未来を選択出来る様に今こうして働けているので、悔しさを原動力として、とてもやりがいのある仕事をさせて頂いてます。

今、高卒で働き始めて大変なことは沢山あります。悔しくて泣いてしまったこともあります…( ;∀;)
ですが、だからこそ毎日毎日反省して達成出来る様に、計画を立てることで出来る事は増えて、毎日成長出来ていると思います。

最初はパソコンの電源すら一人でつけられなかったので。笑

今カッコよく働いている先輩方でも、初めは出来ない事だらけ、分からない事だらけだったそうなので、私も先輩方にたくさん力を借りた分、後輩に与えられるよう頑張ります!最後まで読んでくれてありがとう♡

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る