ドラフトカフェ
仕事 / 就職

高校生の就職活動準備「自己紹介」と「自己PR」の違いって何?

ドラフトカフェ編集部 2017.09.05

自己紹介と自己PRは同じと思われがちですが、実は全然違います。

就職活動の準備においてはその違いを意識すべきでしょう。初対面の面接官に対してネガティブではなく、プラスのイメージを持ってもらうためにも入念な準備が必要です。

今回はそんな自己紹介と自己PRについて、その違いから準備方法まで解説します。
「自己PRと自己紹介って同じでしょ?」と思っているあなたは必見です。

 

自己紹介は冒頭で自分のことを簡単に伝えよう

自己紹介は自分自身のことを紹介するもので、初対面の人に対してあなたの印象を決める重要なものです。
初対面の人に対しては、声の大きさや姿勢が印象を決めるので、大きくハキハキとした声で自己紹介するとよいでしょう。

逆に小さい声で話したりやおどおどした態度をとってしまっては、「この人は自信がない」と感じられ、あなたが思っている以上にマイナスな印象を面接官に与えてしまいます。

声や態度、見た目などで印象が決まってしまうことを心得ておきましょう。

 

自己PRは自分の長所や強みを伝えよう

自己PRは、面接官に対してあなたの強みや長所などアピールすることで、あなた自身を面接官に対して売り込むことだと考えるべきでしょう。

自己紹介が自分自身を紹介するだけであるのに対して、自己PRはあなた自身の経験からあなたがどんな強みを持っていて、その強みを生かして、入社後どう活躍できるのかをアピールするものとなります。

ただ思い付きで自己PRするのではなく、今までどんな活動をしてきて、それらの活動の中であなたがどんな活躍をしたかを説明すれば、会社もあなたにどんな風に会社で働いてもらえるかをイメージできるのです。

 

自己PRは複数個伝えられる準備をしていると安心

自己紹介は、あくまでも自分自身の紹介であるので複数のパターンを準備する必要はありませんが、自己PRは複数のパターンを用意しておくとよいでしょう。
なぜなら、自分の強みは一つだけではないはずですし、会社としてもあなたのことをたくさん知りたいと思っています。

また、複数の強みを持った生徒の方がより魅力的に感じられますし、質問に対して柔軟に答える生徒を評価するからです。
経験や活動に応じて複数の長所や強みをリスト化して、説明できるようにしておきましょう。

自己PRは自分を売り込むためのものなので、初対面の面接官にイメージしやすいように準備するとよいでしょう。

 

面接では落ち着いて会話のやりとりをしよう

面接では、落ち着いてハキハキと話し、自分自身を上手に表現しましょう。
焦ってしまったり、節目がちなってしまったりすると、どんなに内容がよかったとしても面接官からの評価は上がりません。重要なのは、面接官にプラスの印象を与えることです。

初対面でネガティブな印象を与えてしまっては元も子もありません。
面接は自分を売り込む場であるので、相手にどう思われたいのかを念頭に置きながら、特に自己PRをしっかり考えて準備しておきましょう。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]