ドラフトカフェ
仕事 / 就職

【高校生の体験談】『ジョブドラフトFes』で運命の人と出会いました♡

ドラフトカフェ編集部 2020.07.13

運命の人との出会いで180度自分の人生が変わりました。

はじめまして!高卒一年目の浜辺鈴菜です。

コロナウィルスの影響でしばらく休校だった学校もようやく再開しましたね。
みなさんいかがお過ごしですか?

きっと日常が戻ってきて嬉しい半面、急ピッチで進んでいく授業に目が回っている高校生も多いのではないでしょうか。

とりあえず、私がみなさんに代わって叫んでおきます。

「コロナのバカ野郎!!!」

私もみなさんに同感です。コロナは大バカ野郎です。

でも、だからこそみなさんには「大バカに左右された人生なんだよね」で終わってほしくないし、私にできることがあればみなさんをワクワクするほうへ導いてあげたいです。

まだまだコロナも終息が先になりそうな状況で、「ポジティブに頑張ってもどうせ無理じゃん」と投げやりになっている高校生には、ぜひとも読んでもらいたい!

ということで、浜辺鈴菜の「運命の人との出会いで180度自分の人生が変わった話」を他人の日記を読んでいるテンションでお楽しみください♡

【6月】専門学校への進学を諦め、就職を選んだ。

6月頃から週に一度、就職などの進路授業がスタート。私は専門学校への進学か就職かで迷っている組でした。母子家庭ということもあり、専門学校に行くとしたら自分でバイトをして稼いだお金でと思っていたのですが・・・思った以上に学費が高くて諦めました!

ちなみに、私が希望していた美容系の専門学校は130万円くらい。(1年目の学費)
このお金を払いながら自分が学生生活を送っているイメージができませんでした。

こればかりは、どうしようもない!!

【7月】求人票を見て選んだ会社に職場見学!

担任の先生からは、夏休みに職場見学に行く企業を2社選ぶように言われていたので、求人票の給与額や仕事内容を見ながらホテルの接客と事務を募集している会社を選び、先生と一緒に夏休みに職場見学に行きました!

実際に職場見学してみると、人間関係や雰囲気も伝わってくるので、やっぱり自分の目で見てみることは大切だなと感じました。

また、高校生の就職活動は「求人票を見て選ぶ」が昔から主流のようですが、文字しか書いていない求人票では会社の雰囲気や実際に働いている人たちがどんな顔で働いているのかまではわからないです。

それに、難しい言葉で仕事の説明がされていて、あんまりピンとこないんです。だから私も含めてほとんどの高校生が、「とりあえず給料が高いところで探すかー!」という流れになってしまうのだと思います。

【9月】一次試験に落ちて、自分に自信がなくなった。


一次試験は、職場見学に行った事務を募集している会社を受けました。試験当日は緊張したものの、なんとか頑張りましたが・・・結果は不採用。

事務の仕事に憧れていただけにショックは大きかったし、ただただ落ち込む毎日でした。次に向けて頑張ろうという気持ちにはしばらくなれませんでしたよ。

自信を失った私のために、担任の先生も二次試験に向けて飲食業の会社の求人票をもってきてくれたけど(私が飲食店でバイトしていたから)正直「いやだなー」って思っていました。(笑)

なぜなら、アルバイトでも経験できる仕事はやりたくないと思い、それ以外の仕事ができる会社にこだわって就職活動をしていたから!

でも、「もうそんなこと言ってられないのかなー。さすがに次を探さないといけない時期だし。」と焦れば焦るほど投げやりな気持ちになっていき、気が付けば「もういいよ、私なんか!何でもいいよ!」と求人票だけ見て私でも内定もらえそうな会社を探し始めていました。

そんなときに母から、「これに行ってみたらどう?」と紹介されたのが『ジョブドラフトFes2019 in Osaka』でした。

絶賛投げやりモード中だった私は「行かない!!求人票で決めるからいい!!」と断わりましたが、母に「企業さんと直接話ができるよ!」と散々言われ「それなら、まぁ行ってみようかな・・・」と重い腰がようやく。やっぱり母は偉大ですね。(笑)

【10月】どん底にいた私に夢ができた運命の日

母とジョブドラフトFesに参加した私でしたが、どの会社の話を聞けばいいか悩んでしまい、とりあえず「個別相談」ブースに行ってみました。

そこで出会った運命の人が個別相談ブースで私の相談に乗ってくれたKさんです!

一次試験で内定をもらえず、投げやりな気持ちで就職活動をしていた18歳の私に対して、親身になって話を聞いてくれました。それだけではありません。Kさんに相談した後、自分が興味をもった会社の説明を聞きに行ったのですが、「どうだった?」とわざわざ私のところまで声をかけに来てくれたんです。

一人ひとりにきちんと向き合ってくれるKさんの姿に「めちゃくちゃかっこいい!!!」と惚れこむと同時に、「私も困っている高校生を助けたい!」と新しい夢ができました。

ジョブドラフトFesに行く前は「自分なんてどうせ無理だ」と憂鬱な気分でしたが、行きたい会社どころかまさか自分にワクワクする夢ができるなんて!!

 

私の人生を180度変えてくれたのは、母であり、ジョブドラフトFesであり、Kさんです。

本当にありがとうございます!

ジョブドラフトFesのオススメポイント!

ジョブドラフトには求人検索やライン公式アカウントでの就職相談など、就職を考えている高校生に向けて様々な支援をしています。その中でも私が一番オススメしたいのはやっぱり『ジョブドラフトFes』です!

私自身が実際に参加した高校生だったからというのはもちろんですが、企業さんから直接話を聞いたり、ジョブドラフトの社員に相談できるので、自分に合ってる会社や仕事が見つかりやすくなります。

また、学校に届いている求人票は量が多すぎるため見ていて飽きるし、何がいいのかわからなくなる高校生もいると思うので、そんな人はぜひ『ジョブドラフトFes 2020』に参加してみてください!会場でお会いできるのを楽しみにしています♪

最後に伝えておきたいこと

みなさんの少し先輩からアドバイスさせてください!

「自分の将来についてたくさん考えて自分で選ぶ」

これが大切です。

たくさん考える中で不安になったり、泣きたくなったり、投げやりになるときもあると思います。でも、それでもみなさんの将来だから、自分で選んで道をつくっていくしかないんです。

私も自分に自信がなくなってダメになりそうなときがあったけど、今回記事でお話したように色々な人にサポートしてもらいながらここまで来ることができました。

一人で抱え込まずに、先生や両親、ジョブドラフトをぜひ頼ってもらえたら嬉しいです!

高卒1年目の同期が書いた他の記事もあるよ!

本当に進学したい?『18歳で社会人』ってカッコ良くない?

【高校生の体験談】スーツがもらえた♪『ジョブドラフトFes』に参加!

【男子高校生必見!】シーン別に使い分けたい、香水5選!

私は将来、キャリアコンサルタントの資格をとりたい!

私の夢は、就職など進路に困っている高校生を一人でも多く助けることです。そのために、キャリアコンサルタントの資格をとりたいと思っています。

この資格はとても難しいらしいので、入社してまだ間もないですが勉強をスタートしました。自分がとりたいとか目標や夢を叶えるためだったら、苦手な勉強も頑張れます!

信頼される人になりたい!
みんなを笑顔にできる人になりたい!

ずっと笑顔でいることを心がけて、社会人頑張ります。

JOBドラフト公式LINE@
高校卒業後のお仕事探しに興味がある方は友だち追加してみよう 友だち追加
ドラフトカフェ編集部

この記事の著者:ドラフトカフェ編集部

高校生の楽しい毎日を応援する情報を発信していきます。

このライターの他の記事を読む

RECOMMEND POST[オススメの記事]

FAVORITE POST[みんなに人気の記事]

タグ一覧

もっと見る