【高卒就職】求人票と実際の職場にギャップはあるもの?

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/11

求人票の絞り込みは進んでいますか?

就職活動が軌道に乗ってくると、様々な疑問が湧いてくるのではないでしょうか。
求人票から読み取る仕事内容や職場の雰囲気は、実際に感じとるものと多少なりともギャップはあるものです。入社してからギャップを感じることがないよう、選考に進む前にしっかり自分自身で確認しておきましょう。

 

職場の雰囲気は求人票ではわからない

求人票だけでは分からないことの一つに、職場の雰囲気が挙げられます。求人票はあくまでハローワークに提出される仕事内容や採用条件を伝えるための書類ですので、職場の雰囲気までは分かりません。

しかし、少なくとも職場見学に行けば職場の雰囲気を感じとることができますし、直接企業の人に質問することもできます。

働き始めてから後悔しないよう応募前職場見学に行き、職場の雰囲気が自分に合うかどうかを確認したり、求人票から感じとる印象と実際の雰囲気のギャップを埋めたりしておくことが大切です。

 

先輩に聞いてみたら、求人票の印象とは違うかも!

実際の職場の雰囲気を知る方法の一つとして、職場見学に加えて、先輩社員に聞いてみるという方法もあります。
気になっている企業に知っている先輩がいなくても、学校の卒業生にその企業の先輩社員がいるかもしれません。

まずは学校の先生に聞いてみることも一つの手段です。多方面から生の声を聞くことで、職場の雰囲気や仕事内容をより詳しく知ることが出来るかもしれません。

就職してから後悔することのないよう身近な人の声を集めて参考にするとよいでしょう。

 

給与や残業時間など働く上で知っておきたい情報は応募前に確認!

求人票を見ていると色々と気になることが出てくると思います。
中には給与や残業時間など、働く上で必ず知っておきたいこともあるはずです。

特にこうした質問は選考の質問時にするではなく、応募する前に確認を済ませておきましょう。先生を通じて企業に問い合わせて確認することもできますし、職場見学時に採用担当者に直接気になることを確認するという方法もあります。

しっかり情報収集しておくことで選考に進んでからの不安が減りますし、選考途中でのミスマッチを防ぐことができます。

 

始まりは肝心。社会人として人生を左右する選択は慎重に!

いかがでしたか?求人票を見ているだけではわからないことも、事前に確認することが可能です。先生や親に任せ切りだと、働いてみてイメージと違った、自分には合わなかったと後悔することになります。

求人票をしっかり見て自分が働いている姿をイメージして、気になるところを注意深く探し、分からないことを放置せずに自分で調べたり確認したりすることが大切です。

自分の人生の選択ですから、高校新卒の就職で失敗して後悔しないように責任をもって行動しましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。