リボ払いって知ってる?社会人のお金事情には注意しよう

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/12

社会人になると毎月のお金の自分でしっかり管理をしなければなりません。
一方、自由に使えるお金が増えるので、無計画に使い過ぎてしまう人もいます。社会人になると手軽にクレジットカードを作れるようになったり、ローンが組めるようになったりしますが、便利である反面利用には注意が必要です。

ここでは社会人になると注意したいお金の使い方についてご紹介します。

 

社会人になると高校生と違って“借金”がしやすくなる

クレジットカードは、手持ちのお金がなくても次の給料で払うことを見込んで後払いで買い物が出来ますし、実際に財布のお金が減らないため、どんどん利用してしまがちです。

しかし、クレジットカード払いは、「借金」です。借金が出来るのは、社会人であるあなたがきちんと後で支払ってくれるという「信用」があるからです。
クレジットカードは簡単に何枚も作れてしまう上に、それぞれのクレジットカードに設定された利用限度額は自分の給料以上に設定されていることが少なくありません。

便利である一方で、自分の給料の手取り額と使えるお金を理解して計画的に利用しなければ、簡単に大きな借金を背負うことになってしまうのです。

 

「リボ払い」って何?手軽そうな支払いには要注意!

リボ払いとは、あらかじめ設定した一定の金額を手数料と共に月々支払っていく方法です。手軽に月々の負担を抑えられるため、大きな買い物もしやすくなります。

しかし、リボ払いの場合は手数料が高く設定されているのです。クレジットカード会社はこの手数料が利益になりますので、様々な方法でリボ払いをオススメする広告をしていますが、例えば20万円の買い物をして年率15%の手数料(※1)で月々5,000円ずつ支払い設定をした場合、トータルで25万円以上も支払う計算になります。

月々の負担の少なさやポイントなどの特典に惹かれてしまいがちですが、リボ払いの利用は特に注意が必要です。

※1)手数料はクレジットカード会社によって異なります。

 

支払いで困っている社会人はたくさんいる!

クレジットカードはとても便利なものですが、その便利さから社会人でも無計画なクレジット契約や支払いによって毎月支払いに困っている人はたくさんいます。

次の月の給料、次のボーナスで支払えるだろうという甘い考えからどんどんカードを使ってしまった結果、給料の全てをカードの支払いに充てなくてはならなくなり、さらにカードを使わないと生活できなくなり、カードの支払いをし続けなければならないという状態に陥ることもあります。

また最悪の場合は、払いきれずに自己破産に陥る人までいるのです。クレジットカードを持つからにはしっかりと注意すべき点を理解し、賢く利用しましょう。

 

契約は簡単にしない!お金は特に固い意志を持とう!

いかがでしたか?
社会人になると、カードの入会案内をたくさん受けることになります。作っておいた方がお得そうな特典があると作りたくなりますが、何枚も持っているとお金の管理がし辛くなるだけでなく、金銭感覚が鈍ってしまいがちです。

自分で稼ぎ出すと、自分の信用と引き換えに簡単に「借金」が出来ることなど今まで知らなかったお金の事情を知り、安易な考えから支払い地獄に陥る人も少なくありません。

給料は自分が一生懸命働いて稼いだお金です。しっかりとした金銭感覚を身に付けて便利なものは賢く使い、お金の使い方には固い意思を持つ癖をつけましょう。

 


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。