高卒での自己就職の進めかたって?指定校求人だけではない!

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/18

学校にある求人票をいくら見ていても、働くことに前向きになれないと悩んでいる人もいるでしょう。そんな人は、自分の希望する求人がないと嘆く前に、自己就職について知っておきましょう。

学校によって異なりますが、多くの場合指定校推薦枠の求人が学校に届き、指定校の求人から探すことを推奨している学校が多いのが現状ですが、それが全てではありません。

今回は、自己就職の進め方をご紹介しますので、是非参考にして自分にあった就職先を見つけましょう。

 

学校推薦と縁故就職だけが道ではない!

今、あなたは就職活動をどのような方法でおこなっているのでしょうか。指定校推薦や学校に届く求人票、親や親戚から紹介される職場からしか就職先を選べないと思い込んでいませんか?
学校に送られてきた求人票だけでは、ほんの一部しか閲覧できていない可能性があります。インターネットで検索して高卒で応募可能な会社があれば、応募することができるのです。

もちろん、応募するためのルールはありますが、自分自身で就職先を探すという手段を知らないことがあなたの可能性を狭めてしまっているのかもしれません。学校に頼るだけではなく、自分の意思で探してみることが大切ですよ。

 

ネットで検索の応募で事前に注意することは?

学校推薦以外で就職活動をする場合、特にしっかり確認しておくべき点があります。
最も注意すべきポイントは、雇用条件です。雇用形態、社会保険の加入状況、給料、残業時間、休日、応募資格、勤務地など、求人票に記載されている内容は一通りチェックしましょう。

自己就職は学校推薦に比べて自分で判断して進めなければなりませんが、その分多くの求人に触れることができるので理想に近い職場に出会える可能性が高くなります。疑問に思ったところは先生を通じて企業に問合せしながら、就職活動をしましょう。

 

ルール上、学校の先生を通じて問合せや応募する必要がある

自分で就職活動を進めていくにつれて、直接企業に問合せしたいという気持ちが出てくることもあるでしょう。
就職活動のサポートがあまりなされていない高校の場合はなおさらですが、基本的に高校生の就職活動では、学校を通じて応募するというルールがあり、高校生が直接企業に問い合わせをすることが出来ません。

これは高校生の身を守るために設けられたルールです。自分で動いて進めていくことは良いことですが、ルールを守り、要所要所で学校や先生に頼りながら就職活動を進めていきましょう。

 

学校に求人票がないからと諦めないようにしよう!

いかがでしたか?学校で得られる情報以外にも就職先を探す方法はあります。
インターネットで検索するなどして、気になる会社があれば高卒求人を出しているかどうか、また職場見学が出来るかどうかを学校の先生を通じて企業に確認しましょう。

妥協せずに活動することで、働く意欲を高めることができます。自分に合う求人が学校にないからといって諦めずに、内定がとれるまで頑張りましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。