高卒で入社後に後悔しない!就職先の選び方

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/19

就活では、内定そのものがゴールとなってしまい、自分に合った仕事や企業を選ぶことが出来ていない人も多いのが事実です。
そうならないためにも、就職先を入念に調べて、本当に自分に合っているかどうかを判断することが重要です。

今回はそんな就職先の選び方について徹底的に解説します。「大手やバイト先に似た会社に行けばいいや」と安易に考えてしまっている人は、参考にして今一度、自分の就活について見直す必要があるかもしれません。

 

大手の企業やバイトの経験にこだわり過ぎない

「大手なら安定しているから長く続けることができる」、「アルバイトで経験した職種を選べば、すぐに仕事に慣れる」という考え方もありますが、それはあなたの選択肢の幅を狭めることになり、もったいないことなのです。
なぜなら、必ずしも大手だからと言って、長く続けることが出来るとは限りませんし、アルバイトの経験だけでは正社員の経験とは全く違いますので、必ずしも同じような働き方ができるとは言い切れないからです。

また、新卒で入社するということは新たなチャレンジが出来るチャンスでもあります。このような思い込みをなくして、様々な会社や職種があることを知り、視野を広げて就職先を探してみましょう。

 

情報収集は求人票だけ

求人票にはたくさんの情報が書いてありますが、あくまでも文字だけの情報です。情報をたくさん集めるのは重要なことではありますが、求人票の情報や学校で聞いた情報だけでは、あなたに本当に合った会社や仕事を探し出すことはできません。

文字で得た情報を、実際に職場見学に行って見たり聞いたりした情報と照らし合わせ、あなたのイメージと合っているかを確かめましょう。また、企業のホームページやインターネット上の求人情報なども、企業のイメージが分かりやすく紹介されているので、求人票以外の様々な情報も入手していきましょう。

 

先生の紹介に任せっぱなし、頼りっぱなし

先生はあなたの適正を考え、あなたに合うかどうかを一緒に考えてくれるので進路を相談するのは良い方法ではありますが、任せっぱなしになってしまっては自分が納得のいく進路を選択することはできません。

先生は数多くの生徒の進路指導をしてきた経験があるので頼りにはなりますが、最終的にあなたの進路を決めるのはあなた自身なのです。
先生に言われたままに進路を選択をして、後になって「こんなはずじゃなかった」となってしまっては元も子もありませんし、先生もそんなことは望んでいません。
一度きりの人生ですから、自分の意思をもって後悔のない選択をしましょう。

 

想像だけでなく、自分の目で確かめることが大切

文字情報のイメージや、人に言われたことだけでに就活の意思決定をしてしまと、後になって「イメージと全く違う」、「自分の意思で選べば良かった」などと後悔することになり、長続きせずに辞めたくなることも十分に考えられます。

そうならないためにも、自分自身の目で見て感じて、本当に自分がその仕事や企業と合っているかを判断しましょう。自分で探して判断した選択なら後悔もすることも少なく、長続きさせることができるでしょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。