【高校生就職】女性は結婚や出産で働き方が変わることがある

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/20

就職した後に、ライフイベントによって働き方を変えなければならないタイミングが出てくることがあります。特に女性は、子供を授かった場合に産休を取得する必要が出てきますし、無事出産を終えた後も育児休暇を取得する必要が出てきます。
自分が就職する企業で将来働き方を変えることが可能かどうかを確認することは、非常に重要です。

 

女性は男性よりライフイベントによって働くことを考えることが多い

女性は男性に比べて、結婚や出産などによって働き方を考える機会も多くなります。結婚しても就職した企業でずっと働きたいと考える場合は、就職先の企業で産休や育休の制度が、実際に活用されているかを確認することが重要です。

一方、特定の企業で働き続けることを考えるのではなく、時間や場所にとらわれずに自分のペースで働きたいと考える人もいるでしょう。
そのような場合は、将来を見据えて最初に就職する企業でどんなスキルを身につけられるかを確認することが必要です。

 

考えられなくても3年後、5年後、10年後を想像してみよう

就職した後にどんなライフイベントが待ち構えているかは、正直想像しづらいかもしれません。
ただ、自分が近い将来どのような姿になっていたいかを想像することで、自分が就職する企業に求めるものが明確になってきますし、選択の仕方も変わります。

将来結婚したいのか、子供が欲しいのか、結婚や出産後も働いていたいのか、またいつかは起業や独立をしたいのか、といった点は女性の働き方に影響を与えるポイントになりますので、一度じっくり考えてみると良いでしょう。

 

いろいろな女性の生き方を見ておくとイメージしやすい

現代の女性の生き方は、人によって様々です。子育てをしながら職場でキャリアを積んでいく女性、手に職をつけて起業する女性、家庭と仕事のバランスを重視する女性などいろいろな生き方があり、働き方はそれらの生き方に影響を与える重要なポイントとなっています。

まずは、母や姉といった身近な存在だけでなく、職場の先輩やつながりのある社会人の女性の話を聞いてみて、自分の将来をイメージしてみると良いでしょう。具体的な話を聞いたりイメージすることで、将来に向けて自分にはどんな準備が必要なのかが明確になってきます。

身近にそういった情報が少ない場合は、働く女性が書籍やインターネットを通じて生き方を紹介している記事などもたくさんあるので、そういったものを参考にしてもよいでしょう。

 

今すぐでなくても、情報として知っておくと将来安心できる

就職活動を行う段階では、将来のライフイベントや働き方を考えることは想像しづらいかもしれません。
しかし、事前に情報として収集し、頭の中でイメージしておくと、実際に自分が働き方を選択しなければならない場面で慌てずに済みますし、参考に出来る情報を多く持っておくことで安心して考えることができます。

現代は女性の働き方が多様化していますので、自分にとってより良い選択ができるように準備しておきましょう。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。