【高卒就職】定時制だと就職は不利?有利な学科ってあるの?

ドラフトカフェ編集部

ドラフトカフェ編集部

2017/9/27

定時制の学校に通っていることで就職活動が不利になると心配している人がいるかもしれません。しかし、自分の条件をネガティブに捉える必要はありません。
課程などの条件で合否を決めるのではなく、「この会社で働きたい」、「成長したい」といった意欲や人間性などを重視するという企業は多いでしょう。
もちろん、それだけで合否が決まるわけではありませんが、就職試験を乗り越えるためには、条件に捉われず前向きに取り組むことが大切です。

 

定時制だから就職に不利ということはない

就職試験の合否は、面接と就職試験で決定します。
内定をもらうためには、まず、何のために就職するのかという目的や、どんな会社でどのような仕事をしてどんな社会人になりたいのかという目標を明確にすることが大切ですが、その目的や目標に向かって就職活動をするという流れは、全日制であれ定時制であれ同じです。決して、定時制に通っているからといって就職に対して不利になるということはありません。

むしろ、働きながら学校に通っている人は、学校生活を頑張ったこと自体が強みになりますし、アルバイト経験が有利に働くこともあります。自分の条件をネガティブに捉えて心配するよりも、自分の強みを生かすことを考えましょう。

 

どんな高校を卒業にするにしても「なぜその会社を選択したか」が大切

また、面接官が採用基準の一つとして重視しているのが、志望動機です。どんなことを学んできたのか、どのように学校生活を送ってきたのかは就職試験において大切な要素ではありますが、名前や学科で合否が決まるわけではありません。
企業は、入社後に意欲的に仕事に取り組んでくれる人を採用したいと思っています。だからこそ、なぜその会社に入りたいのか、その会社に入ってどのようになりたいのかなど、面接官を納得させられる答えをしっかり語れることが大切になります。
その会社についてしっかり調べ、自分の強みをその会社でどのように活かせるのかなども踏まえて、面接官に積極的にアピールしていきましょう。

 

定時制は不利じゃない!大切なのは事前の準備!

全日制でも定時制でも、就職活動の流れはもちろん面接の機会も条件も変わりはありません。就職活動では、自己分析から企業研究、企業選び、履歴書の作成、面接対策など、一つ一つの準備を確実に行っていくことが大切です。

定時制だから就職に不利ということはありません。裏を返せば、行動しなければ学校や課程、学科に関係なく就職試験に受かりません。
企業に選ばれるためには、どんな環境であれ自分の努力が何よりも大切だということを、就職活動が終わるまでしっかり覚えておきましょう。

 

「なぜその会社で働きたいのか」を考えて行動すると結果がついてくる

就職活動に自信満々で臨める人はなかなかいません。自分の中の不利な条件を見つけて、そこに不安を抱いて自信をなくしたり、時には逃げたくなることもあるでしょう。

でも、それではなかなか内定を獲得できません。定時制だからといって劣等感を感じたり諦めてしまったりするのではなく、今ある状況を前向きに捉えて、就職活動に挑みましょう。
就職試験は、学校名や課程、学科ではなく、志望動機や入社意欲、事前準備が大切なのです。


ドラフトカフェ編集部
ドラフトカフェ編集部
高校生の就職活動に役立つ情報を発信していきます。